【PR】

クレーンゲームのぬいぐるみを取るコツは2本のアームをうまく使う♪

お役立ち
広告

SEGA社の「UFOキャッチャー」をはじめとした、ゲームセンター内のクレーンゲームでは、推しキャラのちびぐるみ、大きなぬいぐるみなど、景品の種類が幅広いです。

クレーンゲームでしか手に入らない景品を、持ち前の技やコツを駆使して、自分の腕や実力でゲットするのが楽しいんですよね♪

しかし、ゲームセンターも簡単にゲットさせてはくれません。アームの形、角度、つかむ力などは、すべて店員さんが一台ずつ設定しています。

クレーンゲームでぬいぐるみを取るコツは、アーム2本の使い方にかかっています。軽い方をアーム2本でつかみ、何度もつまみ寄せて受取口へ持って行くのです。

アーム2本を使ったコツは、もちろん三本爪でも応用できますよ!

広告

クレーンゲームでぬいぐるみを取るコツはアーム2本を使う

特に頭が重くて大きいぬいぐるみは、頭部分が受取口に乗せて胴体をくるっと宙返りさせる技(ムーンサルト)で簡単にゲットできます。

ただし、頭を受取口に向けるのがまた難しいんですよね。

アームの力が弱ければすぐ落下しますし、落下位置が受取口よりも遠くなると、修正の手間が増えてさらにお金を投入しなければなりません。

手間を減らして少しでも効率よくゲットしたいなら、一発ゲットは狙わず、使うアームは2本以下にしましょう。

コツは、2本(三本爪なら手前側2本)のアームを何度も胴体の下へ入れていきます。クレーンの位置をうまく狙えれば、胴体の下へアームがすべり込みます。

この方法はアームでガッチリつかむことはできません。しかし、アームからぬいぐるみが途中で落ちてもほんのすこし受取口から近い場所へ移動しているのです。

受取口のシールドを超えるまで胴体を何度もつかんでは動かして、胴体がシールドを超えたら、最後にすべてのアームで頭をわしづかみ、受取口へ入れるのです。

このクレーンゲーム技は「スライド」とも呼びます。特に大きいぬいぐるみには有効です。

 
 

どうして胴体にアームを入れるだけで動くの?

この方法は、「クレーンが受取口へ戻ろうとする原理」をうまく利用した方法ともいえます。

プレイヤーがクレーンの位置を決めておろした後は、クレーンは持ちあがり、必ず受取口へ戻ります。

このとき景品がアームに引っかかっていると、アームが元の場所へ戻っていくと同時に景品も受取口へ近づくのです。

アーム2本で胴体をつかんでも、たしかにバランスは悪いです。しかし途中で落ちたとしても、最初よりも受取口に近い場所へ移動しやすいため、次の一手が狙いやすくなるのです!

重いところよりも軽いところをつかむ

 
 

ぬいぐるみって、頭が一番大きいしつかみやすそうだよね。

でもどうして頭じゃなくて胴体を狙うの?

ぬいぐるみをクレーンゲームで狙う場合は、「真ん中(中心)」ではなく、「重心」を見極めるのが鉄則です。そして重心より軽いところ(胴体)をアームでつかみましょう。

ぬいぐるみの場合は、だいたい「頭」が重く、首から下の「胴体」が軽いです。どちらかといえば、大きな頭をワシつかみにして移動させた方がカッコよく見えますよね。

しかし、その「重心」である頭をアームでつかもうとしてもなかなか動きにくいです。

また、ぬいぐるみが大きければ大きいほど頭が重く、落下しやすいです。

運が悪いと、もしアームでつかめても、元の場所よりも遠いところや修正が難しいところへ落下してしまうのです。

では、アームでぬいぐるみの胴体をつかんだ場合はどうでしょう。たしかに「重心」の反対側をつかんでいるため、アームでつかめてもすぐ落下します。

しかし、落下したとしても重心の位置は変わりにくいため、頭をつかんだときよりは次の一手が考えやすいところへ移動しやすいのです。

ちなみにこのコツは、もし胴体が奥にあって、手前側の重い頭をつかんでもビクともしない場合にも有効です。

奥側の胴体をつかむと、重い頭を支点にして胴体が手前側にくるっと回転します。

アームは時計回りに動く性質があるため、左側のアームで右へくいっと寄せるように動かすのがコツです。

そのまま胴体を手前に持ってきて受取口まで引き寄せれば、重い頭に手こずらずゲットできますよ。

アームパワーに頼って一度で取ろうとしない

 
 

アームでぬいぐるみをつかめても、すぐに落ちちゃうよ!

もっとアームの力が強ければ一発でゲットできるのに~~。

実はぬいぐるみを取る時の鉄則って、「アームでつかむ」のではなく、「アームを使って受取口まで移動させる」なのです。そのため、何度も動かして有利な位置へ移動させます。

なぜなら、クレーンゲームのほとんどは「確率機」で、常にアームパワー(アームが景品をつかむ力)が弱いのです。そのため、一発で持ち上げて受取口まで移動させるのは難しいです。

「確率機」の設定では、一定の金額が投入されたときにアームパワーが一時的に強くなりますが、そのタイミング以外ではアームパワーが弱いままなのです。

このアームパワーは、「持ち上げるとき」と「クレーンが受取口に移動するとき」に働きます。

持ち上げるときはしっかり抱えるのですが、受取口に移動するときはアームの力がゆるくなってしまうのです。そのため、シールドを超える前に落ちてしまうのですね。

「何円くらい投入すればアームパワーが強くなるか」という確率は、店員さんの手作業により設定されています。一台ずつ異なるため、プレイヤーの私たちは予想ができないのですね。

設定金額は、だいたい3,000~5,000円です。アームの力でぬいぐるみをゲットしたいならお金を入れ続ければ、いつかアームパワーが強くなり、途中で落ちにくくなります。

広告

三本爪のクレーンゲームでぬいぐるみを取るコツは?

近年のクレーンゲームでは、三本爪の台も増えてきましたよね。先ほど「アーム2本を使う」と説明しましたが、三本爪の場合も同様です。

例えば三本爪の台で、受取口が手前にあり、ぬいぐるみも手前を向いているとします。このとき、アーム2本を手前の胴体に、残り1本は奥の頭へ入れます。

なにか景品をつかもうとするとき、アームが景品の中心にグッと入り込みます。このとき奥側のアーム1本が奥の頭を手前に押してくれるため、受取口へ近づきます。

そして胴体の下にすべり込んだ2本のアームも受取口へ戻ろうとするため、より手前へ移動します。

アーム3本をすべて使おうとするよりも、動かしたいところと補助で使い分けると、いざ失敗しても変な方向へ落ちにくいですよ。

場合によっては頭をつかむのもアリ

 
 

せっかく三本も爪があるなら、頭が重くてもそのままつかんだ方が安定しそうだけど。

確かに三本爪だったら、首の両側に2本、頭頂部に1本アームを入れて「3点ポイント」で持ち上げられますね。1か所でも爪が引っかかるところをみつけられたら、さらに安定します。

確率機のアームパワーがちょうど強くなったタイミング、または下降制限がかかっていない台でしたら、可能だと思います。

クレーンゲームの台によっては、下降制限が設定されています。アームが頭の下までおりなければ、頭をつかむどころか爪でひっかいた程度でビクともしないのです。

また、爪の角度がまっすぐだったり、シリコンが付いていなかったり、爪の状態によっては持ち上げても途中ですべり落ちてしまいます。

何度か動かしてみて、ツメの状態が万全で下降制限もなければ、挑戦してみてもいいですね。

回転するデカクレなら胴体をつかむ!

三本爪のクレーンゲームには、アームが針金のように細くて、回転しながら移動する「デカクレ」もあります。私は勝手に「ハリガネアーム」と呼んでいます(笑)

このデカクレは、景品をつかむ前に移動するときは時計回りに、景品をつかんで元の位置に戻るときには反時計回りに回転しながら移動します。

アームが戻る時に回ってぬいぐるみがポロっと落ちると、つい声を荒げてしまいますよね。しかし、逆にこの回転を「遠心力」で利用しましょう!

ぬいぐるみの首部分や胴体などの軽い部分をつかみ、重い頭をハンマー投げのように受取口へ投げ入れます。

「遠心力」とは、物体がぐるぐる回転するときに外側へ飛んでいこうとする力のことです。

一番わかりやすいのは「ハンマー投げ」で、よく陸上選手が重いハンマーの持ち手を持ってぐるぐる回って手を離し、「うおお~」と大声を出していますよね。

この陸上選手は、重いハンマーを持って自分がぐるぐる回ることで遠心力をつけ、ハンマーを遠くへ飛ばしているのです。

このデカクレも同様で、軽い胴体部分をつかんで回転させることで、ぬいぐるみの重い頭部分に遠心力が働きます。

すると頭部分に遠心力が働いたときに頭部分も回転し、そのまま受取口へ重い頭を突っ込ませてゲットできるのです。なるべく近いぬいぐるみを狙いましょう!

あ、でも大声は出さなくてもいいですよ。店員さんや他のお客さんがビックリしちゃいますからね(笑)

動かす前にアームや爪先の状態を観察する

動かす前には、「アームが狙ったところに下ろせるかどうか」「アームの爪先が景品を支えきれるか」も確認するといいです。

見るべき部分は、「アームの肘幅」「爪の角度」「爪先のすき間」「シリコンゴム」です。

まず、アームの肘幅を確認します。クレーンゲームは、実際にアームが開いたときにはこの肘幅よりもツメの位置が広がらないように設計されています。

アームの肘幅とぬいぐるみの大きさを見比べれば、アームでぬいぐるみを抱えられそうかを判別できます。

ただし、ごくまれにアームが半開きに設定されている台もあります。誰かが先にチャレンジしていたら、アームの開き具合をチェックしてみましょう。

そして、爪先もチェックポイントです。爪先のすき間が狭くて、爪先がしっかり曲がっていたら、アームの力が景品にかかり、すべり落ちにくいです。

爪が下向きになっていると、景品が引っかかっても持ち上げた反動で落ちてしまいます。

さらに、爪先にシリコンゴムが付いていると景品をつかみやすいです。台によっては「三本爪なのに2本しかついていない」なんてこともありますが、あればかなり有利です。

タグや紐があれば爪で引っかけるチャンス!

頭が重いぬいぐるみにタグや紐がついていたら、「タグひっかけ」のチャンスです!または、手や帽子などのすき間部分にアームを差し込む「ぶっ刺し」も使えます。

うまくいけば、アームのツメで引っかけて簡単に取れます。爪の幅が小さいほうが引っ掛けやすいです。

私は、過去に友人がとあるキャラクターのポーチを取ろうと挑戦していたことがあります。

100円玉をクレーン台へ次々入れていますが一向に取れず、どんどん所持金が足りなくなります。ついには私に「お金貸して」と借金をして、ようやくゲットできました。

結果クレーン台へつぎ込んだ金額は2,000円以上にもなったのですが、今思い出すと、あのポーチにはタグが付いていた気がします!

もしタイムマシンがあるなら過去に戻って、あのときの友人に「タグひっかけ」の取り方を教えてあげたいです(笑)

それでも取れないときは店員さんに相談してみる

もしどうしても取れないときは、店員さんに声をかけてみましょう。

店員さんに相談すれば、取り方のコツを教えてくれたり、ぬいぐるみを取りやすい位置に置いてくれたり、接客してくれます。

店員さんの対応は、お店によります。店員さんがよく巡回しているお店や、気さくな店員さんがいれば、「取れそうですか?」と店員さんから声をかけてくれます。

もし、陰ながら店員さんが見てくれていたら、「さっきから数千円も入れてくれているし…サービスしちゃいます♪」と取りやすい位置へ移動してくれるかもしれませんよ。 

私の弟もUFOキャッチャーが好きなのですが、困ったときには「変な位置に行っちゃいました…。ここからどうやったらいいと思いますか?」などとよく店員さんに相談しています。

ただ、「その位置からでも取れますよ!」と動かしてくれない店員さんもいれば、そもそも店員さんの存在がほとんど見えず声をかけられないお店も見かけます。

特にゲームセンターの店員さんは、気さくでフレンドリーな方が多いです。恥ずかしがらずに気軽に声をかけて仲良くなっておきましょう♪

広告

クレーンゲームのぬいぐるみって原価どのくらい?

ぬいぐるみを取ろうとするがあまり次々とお金をつぎ込んでいると、ふと「買ったほうが安いんじゃない?」と冷静になりますよね。

ぬいぐるみの原価率は、確率機の設定金額から見積もってだいたい30%前後です。

例えばぬいぐるみの仕入れ値(原価)が900円だとしたら、もしお店が原価率30%と設定しているなら、設定金額を【900円×0.3=2,700円】くらいにしています。

ちなみに、おもちゃ屋で販売されているぬいぐるみの原価率は、だいたい40~70%くらいです。同じ900円のぬいぐるみで換算すると、だいたい1,300円~2,200円で購入できます。

 
 

ええ~、じゃあおもちゃ屋で買ったほうが安いじゃん!

クレーンゲームを設置しているお店は、おもちゃ屋よりも経費がかかります。

仕入れ代や人件費はおもちゃ屋と同じですが、台の維持費、修繕費、電気代など、クレーンゲームを運営する経費はおもちゃ屋よりも多くかさむのです。

また、ほとんどの景品は他のお店で販売されていない「非売品」です。他の人が持っていないアイテムだからこそ価値があるし、欲しくなっちゃうんですよね。

ただ、非売品だからといって確率機の設定金額を高く吊り上げると、お金を入れても手に入りにくくなります。

しまいには、「ボッタクリだ!」と非難されてお客さんが逃げてしまいます。

この「原価率30%くらい」というのは、お客さんの欲を掻き立てつつ、利益を出すためにはベストな割合なのですね。

ゲームセンター内の景品は1,000円以下…?

ぬいぐるみを含めて、クレーンゲーム景品の原価はだいたい1,000円以下とされています。

この原価は、「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」にて定められています。

 
 

子供も出入りできるお店なのに、どうして風営法が関わっているの?

クレーンゲームがあるところといえば「ゲームセンター」ですね。ここは法的に「遊技をする場所」としてみなされ、風俗営業の中でも「5号営業」の許可を取って運営しています。

簡単に説明すると、過去にゲームセンターの機械でギャンブルを行う悪質なお店が多かったため、「風営法」で厳しく取り締まっていました。

今はギャンブルを行うお店はほとんどありませんが、高額すぎる景品をチラつかせて悪質な営業をさせないよう、今でも風営法で取り締まりを行っているのです。

また、本来でしたら「景品の提供」も風営法で禁止されています。

ただクレーンゲームについては、目的を「景品」ではなく、「クレーンゲームを楽しむこと」だと建前付けているのです。

そのためにも、景品の仕入れ値も少額にして、粗品っぽくしているのです。高額だったらギャンブル感が出てしまいますからね。

 
 

でも、たまに大人気のゲーム機や腕時計が景品に入っているよ。

これは明らかに仕入れ値オーバーしているんじゃない?

確かに、高額な景品が入っている台も見かけますね。これは、ゲームセンター以外の施設が一角に設置していることが多いです。

実は、施設内にてクレーンゲームなどの設備面積が一定よりも少ないと、風営法の対象外となり、風俗営業の許可も不要です。

近年では、カラオケボックスやボウリング場の一角にもクレーンゲームが数台だけ設置されています。私も、温泉施設内でクレーンゲームを2台くらい見かけました。

施設の一角だけだと、「ゲームセンター」ほどの規模とは言えませんよね。

これにより、ゲームセンター以外の施設では仕入れ値の制限にとらわれず、自由に景品を設けている事例も少なくありません。

ただ、これは私の個人的な考えですが、景品が高額だと台の設定が難しいんじゃないかなと思います。私なら、高額品に無謀なチャレンジを試みるよりも、取れそうな台に挑みます。

まとめ

  • クレーンゲームでぬいぐるみを取るコツは、2本のアームを胴体の下にすべらせること
  • 頭などの重い部分よりも、胴体のようにぬいぐるみの軽い部分をアーム2本でつまむと、受取口に近づきやすい
  • アームパワーは弱く設定されていることがほとんどなため、一発で持ち上げて取ろうとしない
  • 三本爪の場合もコツは同じで、アーム2本を胴体にすべらせて、もう1本は奥側へ入れる
  • 三本爪のデカクレの場合、コツは胴体をアームでつかんで回転を利用して、受取口へ放り投げる
  • タグや紐、引っかけられる部分があれば「タグひっかけ」「ぶっ刺し」が使える
  • アームの位置、爪の状態、開き具合なども観察する
  • どうしても取れないときは、取れる金額まで待つか、店員さんに相談する
  • クレーンゲームの原価は、台ごとの設定金額から30%前後で、仕入れ値はだいたい1,000円以内である

クレーンゲームの中でも、大きいぬいぐるみは取りやすいとは言われます。ただ、位置をうまく移動させないと無駄なお金を費やしてしまいます。

むやみにアームでつかむのではなく、「どの位置に動かすのか」などと戦略を練っていけば、効率よくぬいぐるみを動かせられます。

また、どうしても取れない場合は潔く身を引くのもアリです。

投入したお金は戻ってきませんが、確率機の設定が変わる翌日以降に日を改めて、再チャレンジしましょう♪

 

また、取りすぎてしまったぬいぐるみはフリマアプリなどで取引もできます。

もしぬいぐるみに金属部品がついていたら、生地を傷めないようにプチプチで包んであげてくださいね。詳しくはこちらにまとめています。

ぬいぐるみの梱包でプチプチはどんな時に使う?発送についても解説!

 

もしぬいぐるみを上手にゲット出来たら、かわいがってあげると同時にメンテナンスをしてあげましょう。

ぬいぐるみを日頃たくさん抱きしめているなら、人間から出るタンパク汚れでぬいぐるみも汚れてしまいます。

人間から出るタンパク汚れに特化した洗剤と、頭が重いぬいぐるみでもすっぽり収まるくらいの大きさで可愛いバケツとセット商品を見つけました!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました