セルフカラーの紫ヘアはブリーチありでも艶髪に♪市販カラー剤10選

お役立ち
広告

ミステリアスで色気のある雰囲気をまとえる紫系ヘアカラーは世代を問わず

その人気ゆえ、紫系ヘアカラーはバリエーションも豊富です。

セルフカラーにおすすめのカラー剤は、ブリーチありなら10種類ほどあります!

ブリーチありの髪に入れると、よりはっきりとした紫の色味を楽しめます。

艶髪を作るためには、まずトリートメント成分配合の髪にやさしいカラー剤を選びましょう。

セルフカラーの後にヘアオイルを使うことでブリーチありでも色持ちのいいなめらかな艶髪をキープできますよ。

「今までの髪色に飽きてしまった」と思っているあなたも、お気に入りのセルフカラー剤を見つけられますよ!

広告

セルフカラーの紫でブリーチありの厳選ヘアカラー剤は?

今回は、セルフカラーで紫ヘアをブリーチありで楽しむカラー剤を5種類厳選しました!

カラー剤といっても、泡タイプやクリームタイプなどいろんなタイプのものがあります。

 
 

種類はどんなものを選んだらいい?

  • 乳液タイプ…髪が染まりにくい人向け
    エブリヘアカラー(医薬品)
    ビューティーン メイクアップカラー
    マニックパニック カラークリーム
  • カラーバタータイプ…髪が痛むのを防ぎたい人向け
    エンシェールズ カラーバター
  • 泡タイプ…髪が細く柔らかい人向け
    ビューティーラボ ホイップヘアカラー
    リーゼ プリティア泡カラー

泡タイプやヘアマニキュアについてはブリーチなしでも使えるため、また後ほど説明します。

こう見ると、ブリーチありで使えるカラー剤は豊富にありますね。

豊富だからこそ迷ってしまいそうになりますが、下記を見て自分に合ったカラー剤を選ぶ必要があります。

  • 現在の髪の明るさ
  • 髪の痛み具合はどうか
  • 髪質が染まりやすいのか、染まりづらいのか

これらによってもカラー剤の入り方は変わってきます。

明るさや髪質に合わせたカラー剤の選び方は後ほどご紹介しますね。

自分に合ったカラー剤で楽しくセルフカラーしちゃいましょう!

紫を強調したカラーを楽しむなら、ブリーチであらかじめ色を抜いておくことでさらに発色がよくなりますよ♪

私の経験上、ブリーチしてから紫に染めてよかったことが2つあります!

  • パッと見ただけで紫だとわかってもらえる
  • 自分の髪色にテンションが上がり美意識も高まる

何となく楽しそうじゃないですか?では早速本題に入っていきます。

 

エブリヘアカラー(医薬部外品)

ノズルで出るクリームタイプのカラー剤で、個人的におすすめなのは「ラベンダーシェル」です。

ブリーチありの髪に入れることでグレージュ系ラベンダーの色味をふんわりと感じさせてくれるカラーなので、

大人っぽさを演出しつつもどこか儚げな印象も与えることができるモテカラーです!

そして、エブリからもうひとつ「バタフライパープル」は、赤紫寄りの紫で顔馴染みの良い仕上がりになります。

染めて2日から3週間ほどで赤みから徐々に薄れ、紫がだんだん明るくなっていく退色過程まで楽しんでいただけるカラー剤です。 

この商品ならではのポイントは、発色アップヘアキャップやアフターケアトリートメントなどの付属品が充実しているところです。

毛髪さらさら成分とトリートメントコーティング処方でサロン帰りのような仕上がりになります。

ダメージケア成分配合で髪を労りながらも発色良く染まるので、多くのセルフカラー派からの根強い人気があります。

ビューティーン メイクアップカラー

ビューティーンシリーズは市販カラー剤の中でも高い発色力が人気のカラー剤です。個人的におすすめなのは「ベリーバイオレット」です。

ブリーチありの髪に入れることで深みのあるバイオレットがクールな印象を与えてくれます。

元々が暗めの髪でも紫は入りますが、パッケージ通りの色味にするには2・3回のブリーチをおすすめします。

 
 

個性的な暗めの紫系カラーを楽しみたい!

このように考えているあなたに、おすすめのカラー剤です。

この商品のテクスチャーは、泡立つ乳液タイプです。初心者の方でも簡単にセルフカラーで綺麗に仕上げることが出来ますよ。

カラーリング後に使う専用シャンプーとアフターケアトリートメントがセットになっているのも嬉しいですね。

マニックパニック カラークリーム

アメリカ生まれのマニックパニックは海外セレブも愛用することで有名な王道カラー剤です。

鮮やかな発色はもちろん、カラー後のキープ力の高さも魅力です。

トリートメント成分配合なのでブリーチありの髪に優しいのも人気のひとつです。

テクスチャーは柔らかめなので、塗っている間に垂れないよう量の調整をしてくださいね。

付属品も充実していてすぐ染められるのもいいですね。

カラーバリエーションは紫だけでも8種類ありますし、上級者なら複数のカラーバターを混ぜてオリジナルカラーを作ることもできますよ!

 

エンシェールズ カラーバター

エンシェールズカラーバターはコクのあるバタータイプのカラー剤です。個人的におすすめなのは「ライトパープル」です。

そのまま使うと、紫というよりは紫に近いピンクといった感じのカラーで、少し甘めの印象になります。

がっつり紫系カラーにしたいけど、キュートな印象を与えたい方におすすめのカラー剤です。

この商品は、カラー剤の成分のうち90%がトリートメント成分なので、セルフカラーを楽しみながらトリートメント効果も得られます!

インナーカラーや襟カラーなどの部分染めをしやすいことも魅力です。

テクスチャーもこっくりとしていて垂れにくく、ブリーチありの髪に染まりやすいのも良いですね。

 

広告

セルフカラーの紫はブリーチなしなら黒髪でもOK!

黒髪やブリーチなしの髪でも紫系カラーを楽しむことが出来ます!ブリーチなしで紫系カラーをするメリットは3つあります。

  • ブリーチしない分、髪が痛むリスクを減らせる
  • 柔らかいニュアンスカラーを楽しめる
  • 一見落ち着いた色味でも日に当たるとふんわりとした紫の色味を感じられる

また、色の主張がさりげないので、就活中の人や髪色に厳しい職場で働く人にもぴったりです。

黒髪やブリーチなしの髪にしっかり紫系カラーを入れたいとなると、ブリーチありの場合に比べ、発色のいいカラー剤が少ないです。

しかし、さりげなく紫が主張するカラーを長く楽しめるのはブリーチなしだからこそです。

洗練された大人っぽい印象を与えられますよ!

私が紹介した他にも黒髪やブリーチなしの髪に使えるカラー剤がありますので、いろいろ試してみてくださいね。

 

泡タイプは柔らかいカラーを演出できる!

セルフカラーで紫をブリーチなしで楽しめる人気のカラー剤3種類を以下にまとめてみました。

泡タイプを使えば、セルフカラーでも簡単に儚げ(はかなげ)な雰囲気をまとうことが出来ますよ。素敵ですよね♪

泡カラーの中でも、発色の良さが人気のカラー剤をご紹介しますよ。

〈ビューティーラボ ホイップヘアカラー〉

ビューティーラボのホイップヘアカラーは自然由来のうるおい成分配合で頭皮や髪にも優しいのが嬉しいですね。

個人的におすすめなのは「シアーラベンダー」です。ブリーチなしでもスモーキー系の紫に染まります。

この商品は、セルフカラー初心者にも挑戦しやすい泡タイプのテクスチャーです。

黒髪やブリーチなしでも髪1本1本しっかり染まりカラーキープ力も抜群のカラー剤です。

アフターカラー美容液も入っているのがありがたいですね!

儚げなニュアンスの紫系カラーをお探しの方におすすめですよ。

リーゼ プリティア泡カラー

もっちりとしたきめ細かい泡が特徴のカラー剤で、セルフカラー初心者の方にもおすすめです。

個人的なおすすめは「ディープバイオレット」で、ブリーチなしの髪に暗めのバイオレットが染まりミステリアスな雰囲気をまとうことができます。

もうひとつリーゼ プリティア泡カラーから「プロヴァンスロゼ」もおすすめです。

ピンク系の透明感ある紫で、こちらもさりげなく紫系カラーを楽しみたい方に使っていただきたいです。

グレーやブルーの色味を混ぜ込んだサロン発想の色設計によって、透明感とやわらかさを演出してくれる人気セルフカラーシリーズです。

アフタートリートメントがセットになっています。

大人っぽいけど甘い雰囲気も漂わせるモテカラー間違いなしのカラーです!

 

1DAYタイプで紫を目立たせたいならこれ!

 
 

1日だけ色を入れたい!

あなたがライブやイベントに参加するときなど、1日だけ髪を染めたい場合は「1日だけ髪色を変えられるヘアカラー剤」や「ヘアチョーク」が大活躍します♪

黒髪やブリーチなしの人にこちらをおすすめしたかった一番の理由は、暗めのベースでも高発色のため紫を入れていることがはっきりわかるからです。

  • リーゼ1DAYヘアモンスター ミッドナイトパープル
  • PAF ワンデーヘアティント パープル

こちらの2つは、1日だけカラーを楽しむことが出来るカラー剤です。そのときの気分でカラーしたい部分だけを簡単にカラーできるのが魅力ですね。

「ブリーチはしたくないけど、発色のいい色を入れたい」と思っているあなたにおすすめです。これなら、手軽にほんのりとした紫ヘアを楽しめます!

〈リーゼ1DAYヘアモンスター ミッドナイトパープル〉

黒髪にもしっかり発色してくれるラメ入りカラー剤です。

髪に直接塗布できるローラータイプで簡単にセルフカラーできますよ。

こちらはワンデーなので、カラーを楽しんだ後はシャンプーで落とすことが出来ます。

そう思っているあなたにおすすめです。ウォータープルーフでしっかり発色するので、パーティーやライブ、コスプレするときにもばっちり決まります!

ドラッグストアなどで市販されていて手軽に買えるのもいいですね!

メッシュやインナーカラーにも使いやすいです。

〈PAF ワンデーヘアティント パープル〉

こちらはチョークタイプの市販カラー剤です。

シート状になっており、色をつけたい部分の髪をシートで挟んで滑らせるように使います。

髪への着色後すぐに髪をとかすためのオリジナルコームが同梱されていて、着色シートは3枚入ってます。

しっかり発色でウォータープルーフなのにシャンプーで落とせる手軽さも魅力ですね!

パキッとした紫の色味で、黒髪への着色でもしっかり発色してくれます。

 

紫シャンプーを使えば、カラーがすぐに落ちない!

ブリーチなしで染めた場合、カラー剤が髪の内部まで浸透しにくいため、色落ちもしやすくなります。

髪色をキープしたいなら、髪を洗う時には紫色が付いたシャンプーを使いましょう!

  • ロイド プレミアム仕様カラーシャンプー パープル
  • ナプラ Nドットカラーシャンプー パープル

こちらの2つは、染めた髪色の色落ちをゆるやかにして綺麗な紫カラーをキープしてくれるシャンプーです。紫シャンプー、ムラシャンなどと呼ばれています。

私もカラーしたときに使いますが、使っていなかったときと比べるとやっぱり違うんです。

きれいに退色してるなーって実感します。

〈ロイド プレミアム仕様カラーシャンプー パープル〉

11種類のアミノ酸が配合されており、サロン帰りのような仕上がりが人気の紫シャンプーです。

頭皮をすっきり洗い上げながら髪の黄ばみを予防し、綺麗なアッシュカラーを保ってくれるのでお気に入りのセルフカラーが長続きします。

色の入り具合は放置する時間によって変わってきます。

一度軽くシャンプーした後2度洗いすることで泡立ちが良くなりますよ。

業界初の大容量サイズ(500ml)で長く使えるのが嬉しいですね。

〈ナプラ Nドットカラーシャンプー パープル〉

ハイトーンカラーの黄ばみを抑えて透明感のあるカラーが長く楽しめる紫シャンプーです。

色素の流出を抑えるポリマーが色落ちを穏やかにしてくれるので、お気に入りのセルフカラーも長持ちします。

しっかり泡立てて3〜5分経ってから洗い流しましょう。よく泡立てないとムラになってしまい、紫色と地髪の色がまだらになってしまいます。

オーガニック植物成分配合で、ブリーチ後のきしんだ髪も艶のあるまとまりのいい髪になりますよ。

 
 

特別な日のために1日だけカラーしたい!

 
 

襟カラーやインナーカラーをしっかりめに入れたい

こんな願いが市販でもばっちり叶うのは嬉しいですよね!

染めるタイプのカラー剤を使ってセルフカラーをしたい方は紫シャンプーも検討してみてください。カラーが長持ちしますよ!

見たことはあったけど使ったことないという方も、手軽に試せるのでぜひ試してみてください。

広告

セルフカラーで紫を入れる注意点を確認しよう!

いろんなカラー剤があるのはわかったけど、買ったからには綺麗な紫系ヘアを楽しみたいですよね。

セルフカラーをする前に、最低限注意したほうがいいこととやったほうがいいことをまとめてみました。

  • 失敗しない市販カラー剤の選び方
  • セルフカラーする前に手の甲などでパッチテストを行う
  • 乾いた髪に使用する
  • 部屋の温度に注意する
  • 髪は染まりにくい襟足から染めると○!
  • ヘアチョークがうまくつかないとき

注意というと少し堅いかもしれませんね。難しいことは何もなく、ちょっとした心がけです。

あなたの肌や頭皮、髪のためにも正しい使い方でセルフカラーしましょう。

もしカラー剤が自分に合わないものだった場合、皮膚や地肌がかぶれてしまう可能性もあります。

少しの心がけで安全に綺麗な紫を楽しむことが出来ますよ!

 

染まりにくい髪質なら乳液タイプがおすすめ!

実は、髪質によってはカラー剤が染まりやすかったり、染まりづらかったりすることがあります。

カラー剤が染まりづらい髪質の方には乳液タイプでセルフカラーすることをおすすめします。

乳液タイプは泡タイプと比べ、しっかりクリームを密着させることができるため染まりづらい髪質でも比較的染まりやすいです。

注意しなければいけないのは、毛量や髪型によっては均一に塗ることが難しいということです。

一方、これまで順調に染められてきたよ!という方は泡タイプが便利ですね。

泡タイプは泡を揉み込むだけなので、不器用さんやセルフカラー初心者の方でもムラなく染めることが出来ます。

一応、全くムラにならないというわけではないので、染まりにくい部分から少量ずつ馴染ませてくださいね。おすすめの染める順番は後ほどご紹介します。

 

カラー剤のトーンレベルも確認しよう!

そして、重要なポイントである「トーンレベル(明るさ)」も押さえておきましょう。

ここを考えておかないと、後になって「思っていたよりも明るすぎる(暗すぎる)」ということが起こってしまいます。

「髪色のトーンがイメージしにくい」というあなたのために、トーンカラーの見分け方をまとめてきましたよ!

  • 5トーン…日本人の地毛
  • 約7~9トーン…やや明るく、色がうっすら染まっている程度
    (約8トーンが、こげ茶くらいの明るさ)
  • 約10~12トーン…一目見ただけで「明るい」とわかる程度

そして、髪が元々明るい場合や細い髪の方はカラー剤が入りやすく、明るくなりすぎてしまいやすいです。

あなたの髪が明るかったり、細かったりするなら、求めている明るさより1トーン下げた紫系カラー剤を使うと、あなたが理想とする色味に近い色に染められますよ。

もし色選びに失敗してしまったとしても、明るいカラーより暗めのカラーの方が目立たないので安心ですよ。

 

染めるときに注意すべきことは3つある!

では実際にセルフカラーで染めるとき、どんなことに気を付けなければいけないか、確認しておきましょう。

  • 手の甲などでパッチテストを行う
  • 乾いた髪に使用する
  • 部屋の温度は25℃前後、カラー剤は室温に戻す

面倒に感じるかもしれませんが、パッチテストは必ず行いましょう。

知らずに使ってアレルギー反応を起こしてしまうと、髪や頭皮に悪影響が出てしまいます。

万が一、赤みや痒み・痛みが出た場合はやめておきましょうね。

そして、髪は必ず乾かした状態で染めていきます。

髪が濡れていると液ダレして目に入る可能性があり、大変危険です。

さらに、セルフカラーをするときは、部屋の中が暑すぎず、寒すぎず、25℃前後の状態で行うといいですよ。

室温や体温が高すぎると、仕上がりが明るすぎる、または暗すぎる状態になってしまい、思っていた色味が出せなくなってしまいます。

冬場は室温もカラー剤も冷えてしまい、上手く色が浸透しにくいため、避けるといいですね。

出来るだけ室温を保ち、カラー剤は常温に戻しておくと、セルフカラーでも綺麗な紫を入れられますよ♪

カラー剤に同梱された説明書をよく読んだ上で、楽しくセルフカラーがうまく出来たらいいですね♪

 

染める場合は髪をブロッキングして襟足から始める!

一般的に、カラー剤が一番染まりにくい部分は襟足と言われています。

そのため、ブロッキングで髪を分けた後、襟足から染めていきましょう!

せっかく染められたのにムラになってしまってはもったいないですよね。

ムラなく染めるためには、髪をブロッキング(髪を小分けして留める)するのが望ましいです。

細かく毛束をとり、少量ずつ馴染ませることでムラになりにくいです。

染めるときは、以下の順番で染めていくのがおすすめです。

  1. 襟足
  2. 頭頂部
  3. 後頭部
  4. サイド
  5. 前髪

その次に、根元が伸びている方は根元を染めていきましょう。

根元から、中間、染まりやすい毛先の順に染めると均等に紫に染まります。

根元が伸びていない場合はそのまま根元から中間まで先に塗布したあと毛先に塗布します。

髪の量は、欲張らずに少しずつ染めることを意識すると、ムラにならずきれいに仕上がります!

 

ヘアチョークがうまくつかないときのコツは?

手軽に試せるヘアチョークですが、使いにくいという声もたまに聞きますよね。

せっかく使うなら満足してもらいたいので、念のためにコツを書いておきますね!

  1. 髪をブラシで解いて、よく濡れた状態にしておく
  2. 着色させたい部分を摘んでヘアチョークで上から下に手束をなでるように擦り付ける
    (逆にすると髪が傷むので必ず上から下へなでる)

発色をよくするために、あらかじめ白いヘアチョークを塗ってからカラーチョークを塗りましょう。

ひと手間加えるとキレイに仕上がりますよ!是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

  • ブリーチありのセルフカラー剤は豊富!ブリーチありの髪にセルフカラーすると発色もいい
  • 自分の髪にあった紫系カラー剤を選ぶ
  • 黒髪やブリーチなしに使えるカラー剤はブリーチありの状態に比べると少なくなる
  • ブリーチなしだからこそ洗練された大人っぽい紫系カラーを長く楽しむことができる
  • ワンデーカラーや部分カラーなどの商品も市販で買える
  • 紫シャンプーでお気に入りのカラー長持ちする
  • 染まりづらい髪には乳液タイプ、染まりやすい髪には泡タイプがおすすめ
  • 髪色からの選び方は求めている明るさより1トーン暗めの市販カラー剤を選ぶ
  • 髪が濡れていると液垂れしやすくなり目に入る危険性があるので、髪が乾いた状態でカラー剤を塗布する
  • セルフカラーするときの室温は25度前後、冬場に冷えた市販カラー剤は常温に戻して使う
  • 染まりにくい襟足→頭頂部→後頭部→サイド→前髪の順に染めると均等に染まる
  • ヘアチョークは十分に濡らした髪に上から下へ馴染ませる

透明感溢れる可愛い系からクールな大人系まで多彩なバリエーションで楽しめる紫系カラーをご紹介しました。

ブリーチありの髪にも、ブリーチなしの髪にもばっちりはまる紫系カラーでガラッとイメージチェンジしちゃいましょう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました