クマの取り方は蒸しタオルがいいって本当?種類別の対処法を解説!!

お役立ち
広告

目の下にあるクマが原因で「疲れてる?」と言われるのは恥ずかしいですよね。私なら効率よい『クマの取り方』があるなら知りたいです。

蒸しタオルを使ってもクマがなかなか取れず、悩んでいませんか?クマが取れないからと言って、濃いクマを隠そうとすると厚化粧になり、余計に顔色が悪いと心配されてしまいます。

蒸しタオルを使った取り方で1番効果を期待できるのは、『青クマ』です。それは青クマの原因が血流不全だからです。

黒クマは蒸しタオルより蒸気温熱シートがオススメですし、茶クマと赤クマは蒸しタオルでは効果がありません。

詳しく青クマ、黒クマ、赤クマ、茶クマ、それぞれの取り方をご紹介しています。

第一印象をパッと明るく、元気な姿で相手に好印象を与えましょう♪

広告

青クマの取り方には蒸しタオルを使う!!目的は血行促進

クマを引っぱったときに、色が薄くなったらあなたが悩んでいるのは『青クマ』です。

青クマの主な原因は、睡眠不足や疲れによる血流の滞りです。

そのため青クマは、蒸しタオルを使って温めることで血の流れをよくさせます。

蒸しタオルを使って血流改善させるクマの取り方をご紹介いたします。

蒸しタオルは、42度~45度の少し熱めなお湯で作りましょう。

 
 

お風呂の温度より少し熱めのお湯がいいですね♪

絞ったタオルを縦半分に折った後、4つ折りにします。

私は、お風呂に入りながら蒸しタオルを目の上に乗せています。なんとも言えない心地良さです。

蒸しタオルを使うことで目の下が温まり、リフレッシュ効果を期待できます。

青クマは時間をかけて温めると良い!!その時間は?

 
 

蒸しタオルってすぐに冷めちゃうのよね。

蒸しタオルの継続時間は約2分間です。それを、【2分×5回】で計10分間乗せると血流改善に効果があります。

蒸しタオルの難点は、冷めるのが早いところです。

そして、朝の忙しいときだと2分を5回繰り返す時間がないときもあります。

そんなときは、蒸しタオルを1分と冷たいタオルを30秒、2セットでも効果を実感できます。

忙しいあなたでも、朝のメイク前に3分で済むなら毎日続けやすいですよね。

青クマの取り方にスプーンを使った血行促進が良い!

スプーンの熱伝導を利用し、血行促進の効果を期待して使用します。

温冷効果で血管を拡張、収縮させることが目的です。

朝のメイク前にできるスプーンを使ったクマの取り方をご紹介します。

  1. コップを2つ準備し、1つは40度のお湯、もう1つは冷たい水を入れる
  2. 大きめなスプーンを各コップに入れる
  3. 温かいスプーンを30秒青クマにあてる
  4. 冷たいスプーンを30秒青クマにあてる
  5. 3と4を、5セット繰り返す

スプーンは、裏面のカーブしている部分を当てて使います。スプーンの素材を生かして熱伝導によって血行をよくするのが目的です。

 
 

熱湯を使うとやけどしちゃうから、適度な温度のお湯を用意してね♪

朝、メイクの前に血行をよくすることで、厚化粧を防げます。

忙しいあなたにはスプーンを使った解消法もある!

朝はなるべく時間をかけずにケアしたいですよね。時短で青クマを解消したいあなたにオススメです。

  1. 大き目なスプーンを前日の夜から冷蔵庫で冷やす
  2. 38度~40度のお湯で顔を洗う
  3. 冷やしたスプーンを青クマに軽く当てる

冷たいスプーンは使えても2回程度です。ですが、前日に冷蔵庫で冷やしたスプーンはとても気持ちがいいですよ。

冷たいスプーンの刺激で眠気が飛んでシャキッとした一始められます!ぜひ試してください!!

血色が悪い人は蒸しタオルとスプーンを交互に使う

青クマと血行不良で顔色が悪いと悩んでいるあなたにオススメな取り方です。

  1. 大き目のスプーンを前日から冷蔵庫で冷やす
  2. 蒸しタオルを用意する
  3. 蒸しタオルを1分程度、目全体をおおうように乗せる
  4. タオルを取り、冷たいスプーンを青クマに当てる
  5. 3と4を2~3セット繰り返す
  6. 顔全体に蒸しタオルを乗せて温める

蒸しタオルを使って顔をしっかり温めることができるので、顔全体の血流をよくすることができます。

リンパマッサージとスプーンを使って効果を高める方法

リンパマッサージによってたまった水分や老廃物を排出します。そこに目元を温めることでより効果を高めます。

  1. 2つのコップに40度のぬるま湯と冷たい水をそれぞれ入れ、大きめのスプーンを入れておく
  2. 中指の指先で、眉下の骨にそって指を軽く滑らせるようにマッサージする
  3. 目の下も骨に沿って1周マッサージする
  4. 1と2を5回繰り返す
  5. 温かいスプーンを1分間青クマに当てる
  6. 冷たいスプーンを1分間青クマに当てる
  7. 5と6を5回繰り返す

リンパマッサージで力を入れすぎると眼球に負担がかかります。軽く滑らせるようにマッサージするのがコツです。

リンパをマッサージすると神経の緊張がほぐれるので、癒し効果があります。

マッサージの後にスプーンの温冷効果を追加することで、血の流れを促し青クマを減らします。

広告

黒クマの取り方にはリフトアップが効果的!!

顔を天井に向けたとき、クマがなくなったら、あなたのクマは『黒クマ』です。

黒クマは、加齢が原因で、目の下に段差ができることで生まれた影です。

もし、黒クマも気になっているならば、黒クマの取り方は眼輪筋(がんりんきん)を鍛えてリフトアップを目指すといいですよ。

眼輪筋は、まばたきをすることできたえられます。眼輪筋のトレーニングでリフトアップをして黒クマを解消しましょう。

  1. まぶたの上を薬指の腹を使って軽く引き上げ、まばたきを10回ゆっくりする
  2. 目尻に人差し指の腹、目頭に中指の腹(Wピースのイメージ)を添える
  3. 眼輪筋に指の腹で圧をかけたまま10回まばたきする
  4. 人差し指と中指をくっつけ(ピースをくっつけるイメージ)指の腹を目尻に添える
  5. 指の腹を使って目尻に圧をかけて、10回まばたきする

目元周辺のヒフは薄くてデリケートなので力を入れすぎないようにしてくださいね。

眼輪筋がおとろえると、目元の弾力がなくなり目の下に影を作ってしまいます。

眼輪筋を鍛えたあとに、マッサージで緊張をほぐすとよりよい効果が得られます。

眼輪筋をきたえて、たるみによる黒クマをなくし、若々しい印象を作りましょう♪

眼輪筋をきたえたあとにマッサージで筋肉をほぐす

目の周りをきたえた後は、マッサージをして筋肉をほぐしてあげましょう。マッサージのやり方を説明します。

  1. 人差し指と中指と薬指を使う
  2. 3本指の腹をこめかみにあてる
  3. ゆっくり円を描くようにマッサージする(5回を3セット)
  4. 3本の指を使ってこめかみをグッと引き上げる(5回を3セット)

マッサージをするときは、目の位置を全体的にリフトアップさせるイメージで行います。

朝やるとすっきりした気分になり目がパッチリします。逆に、夜はリラックス効果で眠気を誘います。

黒クマの取り方は毎日継続することで効果を得られますので、眼輪筋のトレーニングとマッサージを朝晩2回を目標に行いましょう。

優しい力加減で、目尻から目頭に向かって血流を良くするイメージでマッサージします。目元を温めるとより効果的です。

マッサージをするクマの取り方では、必ずマッサージクリームやオイルを使いましょう。無駄な力が入らないのでオススメです。

肌に強い刺激を与えてしまうと、たるみの原因となり、それによって黒クマを目立たせてしまいますので注意が必要です。

黒クマには蒸しタオルよりも蒸気温熱シートが効果的

黒クマは熱で温めることも効果的ですが、蒸しタオルを使うよりも熱が長続きするような「蒸気温熱シート」がおすすめです。

その理由は、熱によりできる『ヒートショックプロテイン(HSP)』の生成に仕組みがあるからです。

HSPとは、コラーゲンの修復や紫外線によるダメージを修復します。そのため、目の下にあるヒフのたるみを予防する効果があります。

HSPは光老化のダメージ修復に作用します。光老化とは、光によってヒフに起こる老化現象のことで、主な原因は紫外線です。

このHSPを生成するには、5分以上目元を温める必要があります。

しかし、先ほど私は「蒸しタオルはすぐに温度が冷めてしまうため、2分が限界」とお話ししましたね。

そのため、黒クマを改善するためには蒸しタオルの時間では短すぎるのです。

黒クマには、5分以上継続できる蒸気温熱シートを使いましょう。

蒸気温熱シートのように、ある程度継続できるものが効果的です。商品としてはこちらがおすすめです。

広告

茶クマの取り方にはメラニン色素を排出させる

クマを引っ張ったときに、色が変わらず茶色い部分がヒフと一緒に動く場合、あなたのクマは『茶クマ』です。

茶クマは、摩擦や紫外線により目の下にメラニン色素が蓄積して、色素沈着が原因で茶色に見える状態です。

メラニンは日光を浴びる、アイメイクによる刺激、クレンジングによる刺激などの日常生活で行う行動が原因となります。

茶クマの改善には、目元をこすり過ぎないこと、スキンケアをしっかり行い肌のターンオーバーを整えてメラニン色素を排出させることです。

ターンオーバーには、保湿力が高いヒアルロン酸やセラミドが入った化粧水や、メラニンによる色素沈着を予防するビタミンC誘導体が入った保湿剤がおすすめです。

私のおすすめ化粧品も、紹介しておきますね。

長時間、外で過ごす場合は紫外線対策を忘れずに行うことも茶クマの取り方には大切です。

茶クマは取り方に力を入れるよりも、メラニン色素を作り出さないための『予防』に力を入れましょう。

若いうちにお肌のスキンケアをしっかりしておくといいですよ!!

 
 

取り方が知りたかったけど、すぐに消すのは難しいのね。今からでもしっかりスキンケアをしておいた方がいいわね。

赤クマの取り方には整形手術!!病院は美容外科

赤クマの判断方法は、スマホのカメラを用意します。屋外などの明るい場所で自身の正面写真を撮ります。

目の下に赤みがある場合、あなたのクマは『赤クマ』です。赤クマがある場合、黒クマも一緒に見られることが多いです。

赤クマは、眼窩脂肪(がんかしぼう)が眼輪筋(がんりんきん)を圧迫してヒフの下から赤く透けて見えている状態です。

効率の良い赤クマの取り方は美容外科での『脱脂手術』という整形手術になります。

脱脂手術に加え、自然な表情を作り出すための『リポトランスファー』や脂肪があるべき場所に生成されるように『ピュアグラフティング』を一緒に行う整形方法があります。

赤クマはメイクでカバーするしか、セルフケアで、できる取り方がありません。

赤クマの取り方は、『美容外科』での整形手術です。検討される場合は、美容外科でカウンセリングを行いましょう。

まとめ

  • 蒸しタオルは青クマに効く
  • 青クマの原因は血行不良により毛細血管が透けていること
  • 黒クマの原因は目元のたるみにより目の下に段差ができることで生まれた影
  • 茶クマの原因は乾燥やメイク残りによるヒフの色素沈着
  • 赤クマの原因は眼窩脂肪(がんかしぼう)が眼輪筋(がんりんきん)を圧迫しているため
  • 青クマの取り方には蒸しタオルやスプーンを使って血流促進させる
  • 黒クマの取り方には眼輪筋のトレーニングとマッサージをしてリフトアップさせる
  • 茶クマの取り方は肌のターンオーバーを整えてメラニン色素を排出させる
  • 赤クマの取り方は『脱脂手術』を行う

私は「今日、顔色悪いけど大丈夫?」とよく会社の上司に言われていたのですが、それはクマを隠すために厚塗りしていた化粧が原因でした。

蒸しタオルを使ってクマの改善を試みたのですが、なかなか消えずに悩んでいました。

クマには沢山の種類があり、それぞれ対処法が違うとは、思ってもいませんでした。

解消法を知り、目元のクマが薄くなっていくのが嬉しいです。

コンプレックスを解消して、自信に満ち溢れた明るい未来にしましょう♪

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました