必見!ガムの取り方でプラスチックについてしまった時は油を使う!

お役立ち
広告

ガムはプラスチック製の物や、服などに一度ついてしまうと、なかなか取れないので大変ですよね。

少し前に、ごみ箱の袋を新しい袋と交換していたら、こびりついてしまったガムが底の方にあったことがありました。

その時にガムの取り方で油を使用したら、簡単にきれいに取れたので、詳しくまとめました!

プラスチックなどのガムをそのままにしてしまうと、取るのがもっと大変になってしまいます。また、虫がわいてしまう原因になってしまいますよ。

そんな悲しいことにならないために、油を使って簡単にすぐ取りましょう。

油なら、お家にある身近な物なのですぐ用意ができて楽ですよね!

また、プラスチックについたガムの取り方だけでなく、服や靴についてしまった場合の取り方もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

広告

ガムの取り方はプラスチックには油がおすすめ

プラスチックのコップやごみ箱にガムがくっついてしまった時には、サラダ油やハンドクリームなど身近にある油を使って取っていきましょう。

油を使って取る方法の準備するものはこちらです。

  • サラダ油などの油
  • 歯ブラシ
  • ティッシュや布

では、早速プラスチックについてしまったガムを油を使ってとっていきましょう。

まず、手でとれる分のガムは少しでも取り除いてから油を少量たらします。

この時のポイントとしては、油をたくさんたらしてしまうと、後処理が大変になってしまうため、ガムが少しひたる程度で大丈夫です。

5分ほどそのままにし、5分たったら柔らかくなっているのでゆっくりはがしてみましょう。

もしまだ少し残っているようであれば、歯ブラシなどを使って擦ってください。

最後に、ティッシュや布で拭いたらおしまいです。

ガムの取り方はプラスチックの場合、油を使うと驚くほど簡単に取れるので是非やってみてくださいね。

プラスチックについたガムにはなぜ油を使うのか

そもそもなぜ、プラスチックについてしまったガムには油がおすすめなのでしょうか?

ガムが油を使うことによって、やわらかくなるのは不思議ですよね。

それは、ガムの原料に理由があったからだったのです。

ガムの原料成分には、油に対して溶けやすい性質の成分が含まれています。

ガムの原料は主にこちらの5つで作られています。

  • 植物性樹脂(チクルなど)
  • 酢酸ビニル樹脂
  • エステルガム
  • ポリイソブチレン  
  • 炭酸カルシウム
  • 人工甘味料

ガムの原材料に含まれている、植物性樹脂のチクル・酢酸ビニル樹脂、この2つの成分が油に対して溶ける性質をもっています。

そのため、その反応を利用して、プラスチックについてしまったガムを取る時は油を使うことによって、簡単に取れやすくなります。

特殊な除去剤を使うより、油を使っての取り方をした方が材質を傷めませんし、一番いいのは身近にある物を使ってとれるので、気が付いた時にすぐに取れるところです。

油以外のガムの取り方にはどんな方法があるか

油以外を使ったガムの取り方は、「氷などで冷やして取る方法」「除光液を使って取る方法」「アルコールを使ってとる方法」の3つがあります。

まず、「氷などで冷やしてを取る方法」をご説明しますね。

ガムは冷やすことによって固まる性質ももっています。

冷やす方法で準備するものと手順は、こちらです。

  • ポリ袋などの入れるビニール袋
  • 歯ブラシ
  1. ポリ袋などに氷を入れ、ガムに10分程度当てておく
  2. まだガムが付着していた場合は、歯ブラシなどでこすって取る

また、氷以外で冷やすアイテムはコールドスプレーや保冷剤があります。保冷剤だと袋に氷を入れる手間が省けるのでおすすめです。

ガムを冷やして取る方法は、ガムが付着してすぐの場合に向いています。

次に、「除光液を使ってガムを取る方法」です。

除光液の成分に含まれる「アセトン」がガムを溶かしてくれます。

除光液で取る方法の準備するものと手順は、こちらです。

  • 除光液
  • 歯ブラシ
  1. ガムに除光液を数滴たらし2分ほどそのままにする
  2. その後ゆっくりとはがす

除光液は、マニキュアをはがすときによく使われており、100円ショップなどでも手軽に購入できます。

また、除光液はにおいがキツイため使用する際は、窓を開けるなど、よく換気をして、気を付けてくださいね。

最後に、「アルコールを使ってガムを取る方法」です。

アルコールも油と同じくガムを溶かしてくれます。

アルコールで取る方法の準備するものは以下のこちらです。

  • アルコール
  • 布か厚手のティッシュ
  • コットン
  1. ガムに布かティッシュをあてる
  2. アルコールを含ませたコットンをガムが付着している裏側からトントン叩き、あて布に溶けたガムを移行する

アルコールは、エタノールなどの消毒用か、度数の高い(30~40前後)ウィスキーが効果的です。

こちらも使用する際は気を付けてくださいね。

油以外でも身近にあるものでガムが取れるので、覚えておくとパパっと準備ができ、簡単にとれますね!

広告

ガムの取り方は服と靴には冷やす方法がおすすめ

出先で、服や靴にガムがついてしまってなかなか取れないと、人目も気になるし焦ってしまいますよね。

ガムが服や靴についてしまった場合の取り方は、氷など使って冷やす方法がおすすめですよ。

コンビニエンスストアなどで、アイスコーヒー用のプラスチックのカップに入った氷を購入すれば氷と容器が一度で手に入るので、慌てないで大丈夫です。

さきほどご説明した冷やして取る方法をつかっていきます。

服についてしまったガムの取り方とは

もしガムがついてしまった服が、薄手の服だった場合は、そのまま丸めて冷凍庫に5分ほどいれておきましょう。

5分後に触ってみてガムが硬くなっていたら、ゆっくりとはがしておしまいです。

服が厚手だった場合は、ビニール袋に氷を入れ、10分ほどあてたら簡単にとれます。

ガムがセーターなどの繊維の中まで入り込んでしまった場合は、油を使って溶かして取りましょう。

取り方はプラスチックの時と同じで、ガムにサラダ油などの油を数滴たらし、やわらかくなったらゆっくりはがしましょう。

この時に油シミにならないように、油を使って取り除いた場合は食器用洗剤を使ってそこの部分をもみ洗いをするか、すぐに洗濯をしましょう。

靴についてしまったガムの取り方とは

こちらも同じ、冷やす方法を試してみてください。

ガムがついてしまった部分に、アイスコーヒー用の氷が入ったカップなどの冷やせる物を5分ほど当てて、ガムが硬くなっていたらゆっくりはがしましょう。

または、靴の底についてすぐだった場合は、緊急時の方法としてレシートを踏む方法もあります。

レシートの印字がされている、ツルツルしている面を上にしてガムがついている部分でグッグッグっと3回ほど思いっきり踏んでみて下さい。

そのあと、ゆっくりはがしてみてガムがレシートについてきて、一緒にとれていたらおしまいです。

帰宅後の靴底にガムがあった場合にも油を使う

この場合は時間が経ち、靴底の奥の方までガムが入って行ってしまっているので、油を使いましょう。

靴底を上に向け、ガムに少量油をたらし、5分ほど待ちます。

この時のポイントとしては、油を多くしすぎて靴の表面まで垂れないように、気を付けながらしてみてください。

5分たったら、歯ブラシを使ってゆっくり取り、ティッシュなどで拭いたらおしまいです。

ガムがついてしまった場所や物によって、おすすめの取り方が違いましたね。

もし、お友達がガムを服に落としてしまったり、踏んでしまっても覚えておけばさらっと教えてあげられますね!

広告

ガムの取り方を場所別で覚えておくと便利!

最後に、生活しているうえでついてしまったガムの取り方を解説します。

場所や状況に応じて、冷やす方法と油を使う方法を使い分けましょう。

  • 冷やす・油を使う方法…カーペット、床や壁
  • 冷やす方法…車と金属・革
  • 油を使う方法…髪の毛やペットの毛

ガムがついてしまった場所や物によって簡単にとれる取り方が違ってきますので、覚えておくとついてしまった時に苦戦しないですみますよ。

カーペットについてしまったガムの取り方とは

カーペットは毛先が長いため、取るのが一見難しそうなのですが、冷やす方法と油を使う方法を使えば簡単にとれるので大丈夫です!

冷やす方法の準備をするものは、以下にまとめておきました。

  • 氷を入れたビニール袋か保冷剤
  • ヘラ
  • 食器用洗剤
  • タオルや厚手のティッシュ

まず最初に、氷を入れたビニール袋か保冷剤をカーペットについてしまったガムに5分ほどあてましょう。

ガムが固まったらヘラを使ってゆっくり剥がしていきましょう。

この時途中でガムの固さがもどり、少し柔らかくなってきてしまったらまた数分ほど冷やし、固めましょう。

ガムが取れたら、食器用洗剤を含ませたタオルや厚手のティッシュなどでよくたたくようにして拭き、糖分が残らないようにしましょうね。

また、ご自宅にヘラがない場合はクレジットカードなどのプラスチックカードで代用ができます。

もしそれでも取れなかったり、カーペットの毛先の奥へ入って行ってしまった場合は、油を使って取っていきましょう。

油を使って取る方法の準備をするものは以下のこちらです。

  • サラダ油などの油
  • 歯ブラシ
  • 小麦粉
  • タオルや厚手のティッシュ
  • ドライヤー

サラダ油のような油をガムに数滴たらし、5分ほど置いたら厚手のティッシュや歯ブラシなどで取り除きましょう。

カーペットに残ってしまった油の取り方もあわせてご紹介いたしますね。

まず、小麦粉とぬらしたタオルを準備してください。

油でベトベトになってしまった場所に小麦粉を数量ふりかけます、3分ほど置き、そのあとにぬらしたタオルでよく拭きましょう。

つぎに、タオルを40度くらいに温めたお湯に浸し、絞りまた拭きます。

最後に、ぬれた部分をドライヤーで乾かしたらおしまいです。

どうしても、小麦粉をカーペットに使用することに抵抗がある場合は、食器用洗剤を薄めて代用することもできます。

この時のポイントとしては、小麦粉が油を吸い取ってくれるためきちんと小麦粉をふりかけた後は3分ほどおきましょう。

慌ててガムを取り除こうとカーペットをゴシゴシタオルなどでこすってしまうと、どんどん奥へガムが入って行ってしまいます。

また、毛先が絡んでしまう原因になってしまうので、慌てずにまず冷やす方法を試してみてくださいね。

それでも取れなかった場合は油の方法を使って取っていきましょう。これでカーペットについてしまったガムは取れます。

床や壁についてしまったガムの取り方とは

床や壁にガムがついてしまった場合も、冷やす方法と油を使う方法で取っていきましょう

冷やす方法の準備をするものは以下にまとめておきました。

  • 氷を入れたビニール袋か保冷剤
  • ヘラ
  • ぞうきん

こちらもまずは冷やす方法でとっていきましょう。

氷を入れたビニールか保冷剤を5分ほどあてて冷やし、ヘラで削り取りましょう。

この時のポイントは、ヘラを真っ直ぐ直角に当ててしまうと、床が傷ついてしまう恐れがあるので、床に対して45度の角度でやさしく当ててとりましょう。

最後に、ぞうきんでお掃除したらおしまいです。

フローリングなどのツルツルした面についてしまったガムなら、こちらでだいたいは落ちます。

時間が経過してしまってこびりついて取れない時や、ツルツルしていない素材の床や壁の場合は油を使っていきましょう。

油を使って取る方法の準備をするものはこちらです。

  • サラダ油などの油
  • キッチンペーパーか厚手のティッシュなど
  • 食器用洗剤
  • ぞうきん

まず、キッチンペーパーか厚手のティッシュなどの捨てられる紙をガムの上にかぶせ、その上から少量の油をたらし、5分ほどおきます。

次に、キッチンペーパーか厚手のティッシュなどで床や壁を拭き取りましょう。

最後に、床に油が染みないように食器用洗剤を薄めて、ぞうきんで拭きあげたらおしまいです。

車と金属についてしまったガムの取り方とは

車と金属についてしまったガムを取る場合は、冷やす方法でとりましょう。

冷やす方法の準備するものは以下にまとめました。

  • ティッシュ
  • 氷を入れたビニール袋か保冷剤
  • ガムテープ

まず、ティッシュでだいたいのガムを、あまり力を入れず優しく表面をつまんで取り除きましょう。

次にガムを氷を入れたビニール袋か保冷剤で5分ほど冷やし、固めます。

最後に、固まったガムをつまんで取った後は、ガムテープで取り切れず少し残ってしまったカスをペタペタと取ったらおしまいです。

この方法は、車のシート・マット・ガラス・ボディ・自転車などの金属部分すべてに使える方法なので便利ですよ。

革についてしまったガムの取り方とは

お財布やソファーなどの革製品にガムがついてしまった場合は、冷やす方法で取りましょう。

小さめのお財布やバッグならビニール袋にいれ5分ほど冷凍庫に入れておきましょう。

5分ほどしたら、やさしくゆっくりはがしておしまいです。

この時のポイントとしては、革製品がぬれないように必ずビニール袋にいれることです。

ぬれてしまうと、シミができてしまう可能性があるため注意してくださいね。

また、乾かすときは、ドライヤーは使わずに日陰で自然乾燥しておきましょう。

ソファーや大きいものの場合も冷やす方法でガムを取ります。

ティッシュでだいたいのガムを取り、氷を入れたビニール袋か保冷剤で5分ほど冷やし、固まったらガムを取り除きおしまいです。

もし、冷やす方法で取り切れなかった場合は、サラダ油などの油ではなく、革専用のクリームを使って取っていきましょう。

革専用のクリームをティッシュに取り、残っているガムのところをクルクルと優しくなで、取りましょう。

この時のポイントとしては、除光液やアルコール、ガムテープを使わないことです。

これらを使ってしまうと、大切なお財布やソファーが傷ついたり、油シミができてしまう可能性があります。

そのため、革製品にガムがついてしまった場合は冷やす方法を使って取っていきましょう。

また、革専用のクリームを使う時は念のため、あまり目立たない場所でパッチテストをしていただくと、より安心だと思います。

髪の毛やペットの毛についてしまったガムの取り方とは

髪の毛やペットの毛にガムがついてしまった場合は油を使う方法で取っていきましょう。

ヘアクリームやサラダ油などの油を使って取っていきましょう。

まず、ヘアクリームか油をガムにすりこませ、5分ほどおきます。

次に、ティッシュでとり、ベタベタが気になるようでしたらシャンプーとリンスをして乾かしておしまいです。

この時のポイントとしては、髪の毛を先にぬらしてしまうと、油をはじいてしまい、馴染みが悪くなってしまうので必ず乾かした状態にしてくださいね。

ペットも手順は同じですが、使用する油はなるべく味やにおいの少ないサラダ油などの油を選びましょう。

ごま油やバターなどはいい匂いがするので、ペロぺロと舐めてしまう可能性があります。そのため、強いにおいがするものは避けましょう。

そして、一番気を付けていただきたいのは、ペットの場合は油を使う方法としてチョコレートは絶対に使用しないでください。

中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるため、気を付けてくださいね。

油がなかなか取れない時は食器用洗剤を薄めてガムがついていた部分のみよく洗い、最後はペット用のシャンプーでよく洗ってあげましょう。

最後にドライヤーできちんと乾かせばおしまいです。

ちなみに、ペットの肉球についてしまった場合は冷やす方法を使ってとりましょう。

氷を入れたビニール袋か保冷剤を、ガムがついてしまった場所に5分ほど当てると簡単にとってあげることができるのでやってみてくださいね。

そしてペットの場合は、ガムが無事とれたあとはたくさん褒めてあげてくださいね。

まとめ

  • プラスチックについてしまったガムの取り方は油をつかう
  • ガムがついてすぐの時の取り方は「冷やす方法」
  • ガムが服や靴などについて、時間が経ち取りにくくなってしまった時の取り方も「油をつかう方法」がおすすめ
  • ガムがついてしまった場所や物によって取り方、方法が違う
  • ガムがついてしまった場合は慌てずに、合う方法を使い、ゆっくり丁寧に取ると失敗しない

ガムは、食べると気分がリフレッシュできたり、眠気覚ましになったりと、気分転換にピッタリな食べ物ですよね。

しかし、ふと落としてしまったり、お子さんがいる家庭だと子供が知らぬ間にくっつけていたりと、きちんと捨てられなかった時の後処理が大変ですよね。

ガムがプラスチックや大切な服などについてしまうとつい慌ててしまいますが、身近にある物で対応がすぐにできるので覚えておくと便利です!

ガムがあなたの大切なものや場所についてしまった場合は、まずは慌てずに取る準備をしましょう。

お家の中でも、外出先でもハンドクリームなどの油やプラスチックに入ったコーヒー用の氷などは手に入りやすいので、是非ためしてみてくださいね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました