優しい女性を怒らせたときはすぐ行動に移すべき!NG行動も紹介!

お役立ち
広告

普段怒らないような、温厚で優しい性格の女性や彼女を怒らせたとしたら、あなたはびっくりしてパニックになるでしょうね。

その理由ですが、実は男性であるあなたに期待しているからです。

しかし、その理想に伴っていない男性の行動などにギャップがありすぎるとストレスが溜まってしまい、優しいはずの女性を怒らせる結果になってしまいます。

優しいはずの女性や彼女を怒らせたなら、まず素直に謝ることが大切です。そして、女性の感情が収まるのを待って、反省している気持ちを伝えましょう!

女性は男性から「このようにしてほしい」「このように扱ってほしい」という理想を持っています。

そんな女性の気持ちが理解できるようになれば、怒らせた場合にうまく対処できるようになります!

広告

優しい女性を怒らせた際の対処法は?

優しい女性を怒らせた場合、まずは素直に謝りましょう。そして、女性の感情が収まったら、あなたが反省している気持ちを伝えるべきです。

女性、男性に関わらず人が怒るときというのは何か原因があるはずです。もし原因があなたにあるのであれば、自分から素直に謝ることは必須でしょう。

また、原因がわからなければ、自分が原因であると思っている旨を伝えた上で、本当の原因について聞き出すことも効果的です。

実際に私も優しい女性を怒らせてしまったことがあるのですが、女性が怒ってすぐの時に自分の意見を言ったときは最悪の雰囲気になってしまいました。

逆に女性が怒ってすぐの時に謝罪をした時には、私の話を聞いてくれて、比較的はやく仲直りすることができました。

どれだけ怒っていても、誠実な態度で誠心誠意を込めて謝れば、女性が爆発した感情も鎮まります。これはほとんどの場合で言えることです。

 

女性側が怒っている場面でやってはいけないことは?

女性側が今怒っている場面では、「ヘラヘラ笑う」「言い訳や逆ギレをする」「無言になる」のはやめましょう。

 
 

ごめんって~。
僕も悪かったからさ、そんなに怒らないでよ~(笑)

この人は素直に謝ってはいるものの、ヘラヘラ笑いながら「ごめんって~。」と謝っています。

時と場合によりますが、女性からすると冗談っぽく謝られてもうれしくありません。私なら「この人は本当に反省してるの?」と疑問に思います。

笑顔はとても大切ですが、相手を怒らせた場面でヘラヘラ笑うと、怒りの火に油を注いでしまいます。仲直りした後で、お互い笑顔になりましょう。

 
 

僕も悪かったよ。でも…、だってあのときは…。

このように言い訳が出てしまうと、あなたの印象が悪くなります。

自分の意見が通らないからと、逆ギレをしたり、女性側を責めたりするのもご法度です。

言い訳をすることで結局反省していないと思われてしまいます。まずは女性の気持ちを受け止めて冷静になった後で、自分の考えを素直に話しましょう。

 
 

(うわーめっちゃ怒ってる、でもなんて返したらいいんだ?言葉が出てこないよー。)

このように、何を言えばよいかわからず無言になってしまう場合も危険です。

一見、女性のことを受け止めて理解しているようには見えます。しかし女性からすると「なぜ無言なの?」と思われています。

あなたが黙っていると、女性は「無視されている」と勘違いしてしまいます。そのため、「ちょっと、何とか言ってよ!」と逆に怒りがヒートアップしてしまいます。

そんな時は、「自分の考えがまとまっていない」「余計なことを言ってさらに傷つけたくない」のように、言葉が出てこない理由を伝えましょう。

 

タイミングによっては、すぐ謝らないほうがいい

 
 

すぐ謝ったのに、許してくれない。どうして~?

もしあなたがすぐ謝ったのに怒りが収まらないなら、感情が収まるまでそっとしておきましょう。

人は怒っているときには「怒り」の熱量がとても高くなり、正常な判断ができません。感情が高ぶっているときには素直にもなれないので、謝罪を受け入れにくいものです。

特に女性は感情に左右されやすいです。一度怒らせると、なかなか冷静さを取り戻せない女性もいます。

すぐに謝っても、女性側が準備できていないと冷静に話を聞いてもらえません。

ですが、女性もずっと怒っているわけにはいかないですから、落ち着いて話を聞いてくれるタイミングが必ずあるはずです。

女性が冷静になったタイミングを見計らって、あなたから連絡を取ってあげてください。

ただし、あまりにも長い間距離を置きすぎると、相手から「放置されている」とも捉えられてしまいます。

女性から連絡が来た場合や、数日経過して怒りが落ち着いたと思われる頃に、もう一度素直に謝ってみましょう。

少し距離を置いて女性の気持ちが落ち着くのを待てば、また冷静な気持ちで話し合いができる機会は必ず来ます。

 

不満があったとしても他人にグチらない!

距離を置いている間や、謝って仲直りした後などは他の人に会う機会もありますよね。その時は、女性側の落ち度を他の人に話さないほうがいいです。

 
 

聞いてよ!
確かに自分も悪かったけど、これは怒らせた相手にも反省してほしい!

友人に話すと、その場では共感してくれるかもしれません。

しかしその友人が他の人にしゃべってしまったり、他の人に会話を聞かれてしまったりなどにより、そのグチ話が女性側の耳に入ると大変です。

その内容によっては、さすがに優しい私でも「そんな風に思っていたんだ!あの時許すんじゃなかった!」と、さらなる怒りがふつふつ湧いてきて、余計話がこじれてしまいます。

SNSの鍵付きや他人が知らないアカウントに吐き出す人もいますが、どこで誰が見ているかわからないため、おすすめしません。

 

冷却期間中に女性側から連絡があれば応じよう!

 
 

女性側から連絡が来たけど、あのときすごく怒ってたからまだ返さないほうがいいかな。

これは、せっかく女性側から「私も悪かったな」と反省して連絡してきていることに対して、無視していることになりますよね。

このように、距離を取る期間を長引くほど、どんどん仲直りしにくくなります。

もし私がこの女性側なら、連絡を無視されてしまうと「放置されている」と思い怒りが再燃するか、「もう私のこと好きじゃないのね」と不安になるかのどちらかです。

女性側からあなたに対して行動を起こした場合、必ず応じてあげてください。

 

 

広告

優しい女性を傷つけたのなら修復は難しい

いつもニコニコしていたはずの優しい彼女が、ある日些細なことをきっかけに別れ話に発展してしまうケースもあります。

彼女から急に別れ話を切り出されると、ビックリしてしまいますよね。

でも、あなたの些細な行動が重なり、気づかない間に彼女を傷つけたとしたら、どうでしょう。この場合、関係性の修復はかなり難しいです。

あなたが気づかない間にも彼女の心はちょっとずつ痛みが走り、最初小さかった傷も別れを切り出すころには深くなってしまったのです。

小さな傷ならすぐ修復できたかもしれませんが、深く傷を負ってしまったら修復は難しいです。

 

原因は彼女の優しさに甘えて手抜きをしていたから

これだけ彼女が気づかない間に傷ついた原因は、彼女の優しさに甘えたこと、つまりあなたの「怠慢」にあると思います。

 
 

彼女は自分のことが大好きだってわかってる。
だから自分が何もしなくても、ずっとそばにいてくれるんだ!

このように思っていたなら、まさに「釣った魚にエサをやらない」という言葉のとおりです。

あなたは、好きな相手が自分の彼女になった時点で目的を達成し、彼女に対して手抜きをし始めたのです。

付き合いたての頃は、いろんなデートや食事を重ねましたよね。それは、あなたが釣りたての魚にエサを与えて、飼い慣らしている状態です。

しかし、交際期間が長くなるとデートや食事の回数や様子が変わります。

「自分のことを好きになってきた」とわかってくるので、「彼女」という魚に対して手抜きをし始めます。

この時、手抜きを指摘する女性もいます。しかし、性格上指摘ができない彼女や、あなたが指摘に気づけず改善できないと、徐々に愛想が尽きていきます。

完全にあなたに対して愛想が尽きてしまったときは時すでに遅し、深く傷ついた「彼女」という魚は、あなたのもとから去っていくのです。

あなたが手抜きをし始めるきっかけの一部を挙げてみました。以下のことに心当たりはないですか?

  • 彼女から連絡が来てもすぐ返信をしない、または無視する
  • デートはお互いの家を行き来するだけ
  • 外食はいつも決まったお店
  • 誕生日や記念日なども、つい忘れて別の予定を入れてしまう
  • 彼女以外の女性に対して、さりげなくアピールをしている

このように、彼女のことが大好きで大切なはずなのに、「彼女」という優先順位があなたの中で無意識に下がっていくのです。

あなたは「ただちょっと手を抜いただけ」と思うかもしれませんが、その手を抜いた期間や頻度の問題ではなく、彼女がどんな思いであなたと接していたのかを考えてあげてください。

 

繊細な女性ほど不満を溜め込みやすい

 
 

なんであのときすぐ言ってくれなかったんだろう?

それは、きっと彼女が繊細な心を持っていたからです。

繊細な性格の女性は、つらい状況でも笑ってごまかしてしまう特徴があります。この部分を見て、「優しい女性だ」と勘違いしてしまう人も多いです。

そして、本音では「嫌だ」と思っていることでも素直に言えず、心の中に溜めこんでしまう特徴もあります。

自分から本音が言えなくても、親しい友人や知人が気付いて手を差し伸べてもらえることで、なんとか気持ちをセーブできるのです。

しかし、あなたが傷つけた小さな不満がどんどん溜まっていくと、いつか爆発します。

爆発するまでに気づけばいいのですが、あなたが「自分の彼女は優しいから」などと勘違いしたままだと、彼女の小さな不満に気づきにくくなってしまいます。

そしていきなり爆発したときには、ただビックリすることしかできないのです。

 

本当に仲直りしたいなら彼女を待ってみる

深く傷ついた彼女が再びあなたの元に戻ってくるかどうかは、正直なところ難しいと思います。

しかし、今あなたは彼女を傷つけたことに対して反省し、やり直したいと思っているのなら、あなたにも覚悟が必要です。

本当に彼女のことを大切に思っているなら、彼女を追わずに待ってみましょう。

「戻ってきてくれるのを待っている」ということを、さりげなく伝えてみるのです。

少しでもしつこく伝えてしまうと余計に彼女が逃げてしまうので、彼女が嫌がらない程度に伝えるといいですね。

待ち続けるのは、忍耐が必要です。ここで他の女性へなびいたり、泣きわめいて状に訴えかけたり、みっともない姿を見せてしまうと二度と戻ってこなくなります。

あなたの中から反省の色がハッキリ見えて、「私の傷を埋められるのはこの人しかいない」と彼女に思ってもらえたら、再びあなたとやり直してくれるかもしれません。

 

 

広告

優しい女性の特徴と怖い部分も解説!

本当に優しい女性は、誰にでも優しく接して、時には間違いを指摘してくれる女性です。

そして、実は優しい女性ほど怒ると怖い、という特徴もあります。

普段ニコニコしている女性を想像してみてください。その人が、般若のような顔をして怒ったら、普段と印象が全く変わりますよね。

そのギャップの違いに驚くとともに、恐怖を感じます。

 
 

あんなに優しいと思っていたのに…怒らせるとこんなに怖いんだ!

特に、間違いを指摘してくれたのにあなたが受け入れない場合は、「あなたのためを思って言っているのに!」と怒り出してしまいます。

そんな時に怒らせたなら、まずはあなたのためを思って言ってくれているのだと気づきましょう。

その指摘を受け入れたことを素直に伝えられれば、相手の女性にも誠意が伝わりますよ!

 

相手を限定することなく優しくできる

時々、男性にだけ優しく接するという女性もいますが、本当に優しい女性というのは誰にでも分け隔てなく優しいです。

相手の立場、年齢、自分の好みは関係なく接することができるため、同性から見ても優しいと思われることが多いようです。

女性は男性と違い、同性同士だと人間関係がドロドロしています。そんな中で同性と仲良くなれる女性は、魅力的に感じますよね。

また、育った環境が良く、家族仲が良い女性も多いです。

 

相手のことを想って間違いを指摘できる

優しい女性は、相手が間違っている場合は、相手のために伝えたり叱ったりします。

間違っていることを間違っていると指摘することは、相手のことを本気で考え、良くなってほしいと思っているからこそできることなのです。

ちなみに、ただ相手を受け止めて肯定するだけの女性は、「優しい」のではなく「甘い」のです。

間違っていることに気づいても、相手に伝えたり叱ったりしない人は「意地悪」なのです。

そんな指摘を素直に受け入れることができると、相手の女性も「分かってくれた」と安心できるため、仲直り後はさらに仲良くなれますね♪

 

 

まとめ

  • 優しい女性を怒らせた際は、まずは自分から謝る
  • 謝る時は、ヘラヘラしたり、言い訳や逆ギレをしたり、無言にならない
  • 話を聞いてくれなさそうなら一時的に距離を取り、女性から連絡が来たらきちんと応じる
  • 女性に対して不満があったとしても、他人にグチを言わないほうがいい
  • 「優しい彼女は自分のことが好き」という怠慢に甘えて、彼女に対して手抜きをしていると、怒らせたときに別れ話へ発展してしまう
  • 優しい彼女がいきなり別れを告げてくる原因は、今までの態度に対する我慢が限界に達したから
  • 彼女があまり不満を口にしないなら、「優しい」ではなく「繊細」な性格の可能性もある
  • 傷つけた彼女と本当にやり直したいなら、彼女が自分にもう一度振り向いてくれるのを待ってみること
  • 本当に優しい女性は誰にでも優しく、間違っていると思ったことは指摘してくれる

本当に優しい女性を怒らせたときというのは、あなたが悪いことを認めて誠心誠意をもって謝罪をすれば許してくれるはずです。

たとえすぐには許してくれなくても、時間を置いたり反省していることをしっかり伝えましょう。

いつも通りの生活が送れるだけでなく、思ったことを言い合えるよう、あなたが仲直りができることを願っています!

ちなみに、先ほど「優しい」のではなく「繊細」だとお話ししたように、私たちはいろんな表現を全部ひっくるめて「優しい」と表現しがちです。

人によっては、「優しい」という言葉に対して違和感を持つ人もいます。

以下の記事には、「優しい」という言葉をどんな風に使い分けるべきかを解説しています。仕事の取引先に対して適切な言葉を選べると、取引や仕事も円滑に回りますよ!

優しいをビジネスで言い換えるには?多様な表現で知的な人になろう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました