優しい女性を怒らせたときはすぐ行動に移すべき!NG行動も紹介!

お役立ち
広告

普段怒らないような、温厚で優しい性格の女性や彼女を怒らせたとしたら、あなたはびっくりしてパニックに陥るでしょうね。

普段温厚で優しい女性を怒らせた理由ですが、実は男性であるあなたに期待しているからです。

しかし、その理想に伴っていない男性の行動などにギャップがありすぎるとストレスが溜まってしまい、その結果女性を怒らせる結果になってしまいます。

優しいはずの女性や彼女を怒らせたなら、まず素直に謝ることが大切です。そして、女性の感情が収まるのを待って、反省している気持ちを伝えましょう!

女性は男性から「このようにしてほしい」「このように扱ってほしい」という理想を持っています。

そんな女性の気持ちが理解できるようになれば、怒らせてしまった場合にうまく対処できるようになります!

広告

優しい女性を怒らせた際の対処法は?

優しい女性を怒らせた場合、まずは素直に謝りましょう。そして、女性の感情が収まったら、あなたが反省している気持ちを伝えるべきです。

さらに、女性を怒らせた内容は、あまり愚痴として周囲へ話さないようにしましょう。相手の耳に入ってしまったら、収拾がつかなくなります。

そして、逆切れや言い訳をしてしまったり、ヘラヘラ笑いながら謝ったり、相手を逆なでする謝り方をしないようにしましょう。

 
 

すぐ謝ったのに、許してくれない。どうして~!

もしあなたがすぐ謝ったのに怒りが収まらないなら、感情が収まるまでそっとしておきましょう。

ただし、距離を置きすぎると「放置されている」とも捉えられてしまいます。

女性から連絡が来た場合や、数日経過して怒りが落ち着いたと思われる頃に、もう一度素直に謝ってみましょう。

女性は感情に左右されやすいため、一度怒らせると収拾がつきにくいと思われがちです。

感情が高ぶっているときには謝罪を受け入れられないかもしれません。

しかし、冷静に話ができるころにはあなたの話も聞いてくれる状態になっているため、仲直りしやすくなりますよ!

 

自分から素直に謝ると女性の怒りレベルが下がる

1つ目は自分から素直に謝ることです。

女性、男性に関わらず人が怒るときというのは何か原因があるはずです。もし原因があなたにあるのであれば、自分から素直に謝ることは必須でしょう。

また、原因がわからなければ自分が原因であると思っている旨を伝えた上で謝り、本当の原因について聞き出すことも効果的でしょう。

この「謝る」際に大切なことは、誠実な態度で誠心誠意を込めて謝ることです。へらへらしながら謝ることは言語道断です。

実際に私も優しい女性を怒らせてしまったことがあるのですが、女性が怒ってすぐの時に自分の意見を言ったときは最悪の雰囲気になってしまいました。

逆に女性が怒ってすぐの時に謝罪をした時には、私の話を聞いてくれて、比較的はやく仲直りすることができました。

どれだけ怒っていても、誠実な態度で誠心誠意を込めて謝れば、女性が爆発した感情も鎮まります。これはほとんどの場合で言えることです!

 

女性の「怒り」の感情が収まるまで待つ

2つ目は優しい女性の「怒り」が収まるまで距離を置く方法です。

人は怒っているときには「怒り」の熱量がとても高くなり、正常な判断ができません。

近づいて謝罪をしようとしても、話を聞いてくれなかったり、さらに怒らせてしまうこともあります。

とても怒っていて「話を聞いてくれそうにない」、「かえって怒らせてしまうかもしれない」と思った場合には少し距離を置いて女性の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

女性もずっと怒っているわけにはいかないですから、落ち着いて話を聞いてくれるようになるタイミングが必ずあるはずです。

女性が冷静になったタイミングを見計らってから誠心誠意謝罪をするのが得策といえます。

私は女性を怒らせてしまってすぐの時にまずは謝罪をして、話を聞いてもらえないようなら時間をおいてから再度謝罪をするようにしています。

その間には自分のどこが悪かったのかなどを考える時間にあてて、今後同じようなことで怒らせないようにしたいと考えていますね。

 

女性に反省していることをしっかり伝える

3つ目は反省していることをしっかり伝えることです。

1つ目の「自分から素直に謝る」ことにも共通しますが、怒っている女性の気持ちを落ち着かせたいときには謝ることと同時に反省していることを伝えることが効果的です。

さらに対策まで伝えられると「もう同じことは繰り返さないだろう」と信用できるため、謝罪と組み合わせられるとベストです。

優しい女性を怒らせた際には反省していることをしっかり伝えて、女性の気持ちを落ち着かせると、仲直りもうまくいきますよ!

 

怒らせた女性へ絶対にしてはいけないNG行動は?

女性を怒らせた際にはしてはいけないNG行動は、「他人に愚痴る」「逆切れや言い訳をする」「ヘラヘラ笑いながら謝る」「距離を取りすぎる」ことです。

もしあなたがこれらをやってしまった際には相手の女性と縁が切れてしまう可能性までありますので、かなり注意が必要です。

今までこの行動をやってしまっていた方は今後絶対にしないように心がけましょう。

<女性が怒ったことを他人に愚痴る>

優しい女性を怒らせた際に愚痴りたくなる気持ちはわかります。ただし愚痴ってはいけません。

あなたは愚痴を誰に言いますか?ほとんどの場合は友人でしょう。

SNSでという人も少なくないかと思います。

友人に話すと、その時は共感してくれるかもしれませんが、どこかからその会話が漏れて噂となって広まってしまう可能性があります。

SNSでつぶやくなど関係を自分から破綻に追い込むのと同義です。公開しない設定にしていても、だれがどこから見ているかわかりません。

<逆切れしたり言い訳をして女性を責める>

優しい女性を怒らせた際に逆切れしたり、相手の女性を責めることはご法度です。ましてや暴力など言語道断です。

女性を怒らせた際に言い訳をしてしまうこともあなたの印象を悪くしてしまう可能性があります。

言い訳をすることで結局反省していないと思われてしまうため、言いたいことがあるという気持ちはわかりますが、まずは女性の気持ちを受け止めてあげることが大切です。

しかし、理不尽なことで怒られるということもあるでしょう。

そんな時には少し距離を置いて、女性の気持ちが落ち着くまで待ってから話してみるのもよいでしょう。

<ヘラヘラ笑いながら謝る>

優しい女性を怒らせた原因が自分にあるとわかっている際は、素直に謝るのが一番良いです。しかし謝罪の際にヘラヘラ笑いながら謝ることは絶対にしてはいけません

女性は誠実に誠心誠意を込めて謝罪をしてもらいたいのです。それなのに笑いながら謝られては、女性は逆上してしまうかもしれません。

笑顔を見せることは大切なことですが、優しい女性を怒らせた際に大切なことは、笑顔を見せることではありません。

女性の気持ちを理解して、誠心誠意の気持ちを込めて謝罪ができると、相手の女性にもあなたの気持ちが伝わりますよ!

<距離を取りすぎる>

優しい女性が怒っていて話を聞いてくれなさそうなときには、少し距離を取る方法が効果的です。

しかし、距離を取りすぎてしまうとそのまま離れてしまい、取り返しのつかないことになりかねません。

謝罪があったり、連絡が来たり、女性の方から行動を起こした場合、必ず応じてあげてください。

女性が怒っているときには、あなたに理解してほしいと望んでいます。そんな気持ちを無視してしまうと、「裏切られた」と思われかねません。

また、女性が怒っているときに、何を言えばよいかわからずに無言になってしまう場合も危険です。

一見、女性のことを受け止めて理解しているようには見えます。しかし女性からすると「なぜ無言なの?」と思われています。

次第に「無視されている」と勘違いされてしまうため、あなたが黙っていることにより、結果として火に油を注いでしまうことになるのです。

そんな時は、「今は言葉が出てこない」「考える時間が欲しい」などを伝えて、相手の女性を無視していないとアピールしましょう。

お互いに考える時間を設けられると、お互い冷静な状態で話し合いができて、女性の怒りも少し鎮めることができます。

 

 

広告

優しい女性の特徴と怖い部分も解説!

本当に優しい女性は、誰にでも優しく接して、時には間違いを指摘してくれる女性です。

そして、実は優しい女性ほど怒ると怖い、という特徴もあります。

普段ニコニコしている女性を想像してみてください。

その人が、般若のような顔をして怒ったら、普段と印象が全く変わりますよね。そのギャップの違いに驚くとともに、恐怖を感じます。

 
 

あんなに優しいと思っていたのに…怒らせるとこんなに怖いんだ!?

特に、間違いを指摘してくれたのにあなたが受け入れない場合は、「せっかく指摘しているのに」と怒り出してしまいます。

そんな時に怒らせたなら、まずはあなたのためを思って言ってくれているのだと気づきましょう。

その指摘を受け入れたことを素直に伝えられれば、相手の女性にも誠意が伝わりますよ!

 

本当に優しい女性は誰にでも優しく接する

本当に優しい女性の特徴の1つ目は、誰にでも優しく接することです。

時々、男性にだけ優しく接するという女性もいますが、本当にやさしい女性というのは誰にでも分け隔てなく優しく接します。

相手の立場、年齢、自分の好みは関係なく接することができるため、同性から見ても優しいと思われることが多いようです。

また、優しい女性は家族や同姓とも仲が良いです。家族仲が良いということは育った環境が良いということです。

育った環境が良いと温かく優しい女性になりやすいため、家族仲が良い女性も優しいといえます。

女性は男性と違い、同姓同士だと人間関係がドロドロしています。

そんな中で同姓と仲良くなれる女性は、優しい女性が多いです。

 

優しい女性は間違いを指摘してくれる

本当に優しい女性の特徴の2つ目は、間違ったことは間違っていると教えてくれることです。

優しい女性は相手が間違っている場合は相手のために伝えたり、叱ったりします。

ただ相手を受け止めて肯定するだけの女性は優しいのではなく甘いのです。

間違っていることに気づいても相手に伝えたり、叱ったりしない人は、優しいのではなく意地悪なのです。

間違っていることを間違っていると指摘することは、相手のことを本気で考え、良くなってほしいと思っているからこそできることなのです。

そんな指摘を素直に受け入れることができると、相手の女性も「分かってくれた」と安心できるため、仲直り後はさらに仲良くなれますね♪

 

 

広告

優しい女性の惚れるポイントを解説!

あなたが怒らせた女性は、どんな人でしょうか?もしお付き合いしている彼女の場合、このまま怒らせたまま別れたくはないですよね。

優しい女性は、男性から好意を持たれやすいです。あなたも、以下の理由から彼女に惚れて付き合い始めたのではないでしょうか?

  • 何事にも一生懸命なところに惚れた
  • 支えてほしいとき、そばにいてくれた
  • 彼女がいてくれるだけで場が和む
 
 

そうなんだよ、いつも自分は彼女に支えられた。

このまま怒らせた状態にはしておけない!

また、あなたは怒らせてしまった優しい女性に対して好意を持っているから、なだめる方法が知りたくてこのサイトを訪れたのではないでしょうか?

せっかく優しい女性が関わってくれているのであれば、そんな優しい女性を放置するわけにはいきませんよね。

今後あなたが関係を進展させたいなら、相手の女性を悲しませてはいけません。

きちんと関係修復ができると、相手の女性もあなたに惚れ直して、もっと仲良くなれますよ!

 

何事も一生懸命に取り組む女性は魅力的!

何事も一生懸命に率先して取り組む女性に惚れる男性は多いです。

これは男女関係なく人間として言えることですが、何事も一生懸命に取り組むことは人間として魅力的に見えます。

実際に何事にも消極的な人よりも、何事にも一生懸命に積極的に取り組む人の方が魅力的に見えますよね!

職場でも何事にも一生懸命に取り組むことで「頼れる人」という好印象を与えることができます。

一生懸命取り組んでいる女性に惚れてしまう男性は少なくないはずです。

 

支えてほしいときに支えてくれる女性は頼れる

優しい女性の惚れるポイントの2つ目は、男性が支えてほしいと思ったときに支えてくれることです。

一般的に男性はある程度プライドを持って生活しています。そんな男性にも支えてほしいと思うときはあります。

「本当は誰かに甘えたい」「本当は誰かを頼りたい」という気持ちを持っていることも少なくありません。

そんな時に声をかけてくれたり、相談に乗ってくれる、応援してくれる女性が現れると、男性は惚れてしまうことが多々あります。

実際に支えてほしいときに支えてくれた優しい女性に惚れてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。

 

場を和ませられる女性がいると気が楽になる

男性は上手に場を和ませることのできる女性にも惚れることが多いです。

複数人で会話をしているときに、相槌や返事、質問をしてくれる人がいると会話が盛り上がりますよね。

口数が少ない人に対しても気を使って話題を振ったりできるため、気まずくもなりづらいです。

また、険悪なムードになった際に場を和ませようとしてくれたり、間を取り持ってくれたりしたら、「助かる」「優しい」と思う男性も多いと思います。

そのため、上手に場を和ませることができる優しい女性に惚れてしまう男性は少なくないのです。

そんな女性がそばにいてくれると、あなたも心強く感じますね!

 

 

まとめ

  • 優しい女性を怒らせた際は、まずは自分から謝る
  • 話を聞いてくれなさそうなら一時的に距離を取る
  • 他人に愚痴ったり、女性を責めたり、謝罪の際にヘラヘラしては絶対にいけない
  • 本当に優しい女性は誰にでも優しく、間違っていると思ったことは指摘してくれる
  • 男性が惚れる女性の特徴は、何事も一生懸命で支え上手で場を和ませることができる

本当に優しい女性を怒らせたときというのは、あなたが悪いことを認めて誠心誠意をもって謝罪をすれば許してくれるはずです。

たとえすぐには許してくれなくても時間を置いたり反省していることをしっかり伝えることで許してくれるはずです。

逆に自分が間違っていることをわかっていて相手の女性を責めたり、謝罪時にヘラヘラしたりすることは言語道断です。

また、本当に優しい女性というのは誰にでも優しく、間違っていることは指摘してくれます。同姓の友人とも仲が良いため、愚痴ったりすることもないでしょう。

優しい女性を怒らせた際は、誠心誠意を込めてすぐに謝罪を行いましょう。

いつも通りの生活が送れるだけでなく、思ったことを言い合えるよう、あなたが仲直りができることを願っています!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

優しいと親切の違いは主体性の有無にあり!それぞれの意味を解説

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました