必読!人気ボカロPが手掛けるミリオン曲2021年ランキングを公開!

お役立ち
広告

今は小さな子供でも YouTubeなどのソーシャルメディアで色々なジャンルの音楽を聴くことが出来る、そんな世の中ですよね。

そしてその曲がミリオン(100万回再生)突破もするというため、驚きです。

私には7歳5歳4歳の子供がいます。子供達がみんな何気なく口ずさみ歌っていた曲は、ボカロだったんです!

2021年の流行曲に乗り遅れたままだったら、「えっ!? ママそんな事も知らないの!?」なんて言われてしまうところでした。(プライドに触りますよねぇ~)

実は、2021年配信されたボカロの曲の中から、ミリオン(100万回再生)を達成した曲が11曲もあるのです!

また、2021年のミリオン達成の火付け役ともなったゲームについても詳しく見ていきましょう。

時代においていかれず、子供からもバカにされずに済みますし、ボカロについて詳しく理解出来ますよ♪

 

 

広告

ボカロのミリオンなら2021年度は11曲達成!

2021年ニコニコ動画に『ボーカロイド』とタグ付けされたミュージックのうち、11作品が100万再生超えを突破する!!という「ミリオン達成」の素晴らしい結果を残しました。

視聴回数ランキング/曲名/ボカロP/2021年作品順

  1. ヴァンパイア/deco*27/ ③
  2. キュートなカノジョ/syudou/①
  3. フォニイ/ツミキ/④
  4. エンヴィーベイビー/kanaria/②
  5. パメラ/須田景凪バルーン/⑥
  6. 神っぽいな/ピノキオ/⑪
  7. マーシャル・マキシマイザー/柊マグネタイト/⑩
  8. シネマ/Ayase/⑤
  9. トンデモワンダーズ/sasakure.UK/⑨
  10. 群青讃歌/Eve/⑧
  11. 限りなく灰色へ/すりぃ/⑦

 

ヴァンパイア/deco*27

ここからはミリオン達成曲を配信したボーカロイドプロデューサー(以下 ボカロP)を、ランキング順に紹介していきます。

deco*27(デコニーナ)さんは、2008年に登場したボカロPです。

『僕みたいな君 君みたいな僕』でデビューしました。

数々の曲を配信し、以下に書いてある代表曲はすべて300万回再生を達成しました!

『モザイクロール』『弱虫モンブラン』『二息歩行』『むかしむかしのきょうのぼく』『妄想税』『ストリーミングハート』『ゴーストルール』『ライアーダンス』『妄想感傷代償連盟』『リバーシブル・キャンペーン』『ヒバナ』『乙女解剖』『チャンバラジョニー』『ヴァンパイア』

2021年にミリオン達成した「ヴァンパイア」も300万回再生しているなんて、すごすぎますね!

 

キュートなカノジョ/syudou

syudou(シュドウ)さんが手掛けた「キュートなカノジョ」はCeVIO AIの可不を使用しています。

2019年には44作品目ともなるビターチョコデコレーション』で300万再生を突破しました!

以後『コールボーイ』『孤独の宗教』『邪魔』『ジャックポットサッドガール』『カレシのジュード』『爆笑』と連続でミリオン曲を生み出しています。

 

フォニイ/ツミキ

ツミキさんが手掛けたフォニイは、CeVIO AIの可不を使用しています。

2017年に投稿した処女作『トウキョウダイバァフェイクショウ』で、初のミリオンを達成しました。

まだまだ活躍の幅が広がっていきそうな、ボカロPの一人です。

 

エンヴィーベイビー/kanaria

kanaria(カナリア)さんは、2020年『百鬼祭』でデビューしたルーキーなボカロPです。

デビュー当時は17歳だったというので驚きです。

配信2曲目『KING』にてミリオンを達成させる実力を持っているため、今後も注目です。

 

パメラ/須田景凪バルーン

須田景凪(すだけいな)は、ボカロPの名義は「バルーン」です。2013年『造形街』にてボカロデビューしました。

2017年には『シャルル』でミリオン達成しました。その他の代表曲は、以下にまとめました。

『雨とペトラ』『メーベル』『レディーレ』『花瓶に解れた』『ミラーリング』『愛々屋烏』『パメラ』『ノマド』

 

神っぽいな/ピノキオ

ピノキオさんのデビュー作は『ハナウタ』です。

『腐れ外道とチョコレゐト』『ありふれたせかいせいふく』『すろぉもーしょん』『神っぽいな』で300万再生超えをしました。

独特なテンポを奏でるボカロPとして有名ですね。

 

マーシャル・マキシマイザー/柊マグネタイト

柊マグネタイトは2020年『或世界消失』でデビューしました。

ミリオン達成した「マーシャルマキシマイザー」は、Cevio AI の可不を使っています。

「終焉逃避行」も有名曲で、ミリオンに達していないものの50万回以上再生されています。

 

シネマ/Ayase

Ayaseさんは、2018年「先天性アサルトガール」でデビューしました。

今回の「シネマ」だけでなく、8作目の「ラストリゾート」でもミリオン達成しています。

『幽霊東京』『シニカケナイトプラン』も有名曲で、YOASOBIのヴォーカルでもあります。

 

トンデモワンダーズ/sasakure.UK

sasakure.UKは、もともとはBMS(音楽ゲーム)で活動していました。

活動期間が長いため、代表曲もたくさんありますよ。

『*ハロープラネット』『ぼくらの16bit戦争』『ワンダーラスト』『39』『カムパネルラ』『しゅうまつがやってくる!』『タイガーランペイジ』『ロストエンファウンド』『トンデモワンダーズ』

 

群青讃歌/Eve

Eve(イヴ)は2016年『sister』でボカロデビューしました。

この方も代表曲が多く、YouTubeでもよく再生されています。

『ナンセンス文学』『ドラマツルギー』『アウトサイダー』『お気に召すまま』『トーキョーゲットー』『ラストダンス』『あの娘のシークレット』『群青讃歌』

 

限りなく灰色へ/すりぃ

すりぃは2018年『空中分解』でデビューしました。

『裏表一体』『テレキャスタービーボーイ』『ジャンキーナイトタウンオーケストラ』『エゴロック』『限りなく灰色へ』などが代表曲です。

特に『ジャンキーナイトタウンオーケストラ』は、YouTubeで700万回以上も再生されているのでびっくりですね!

 

 

広告

ボカロのミリオン曲はゲームが火付け役になっていた!

「千本桜」「カゲロウディス」といったメガヒット曲も、もう10年以上も前のことです…。

2021年、2桁のミリオンを達成出来たのも、スマホゲーム『プロジェクト セカイ カラフルステージ! feat.初音ミク』(プロセカ)の存在だと言えるでしょう。

このほかにも、ボカロ曲を題材としたスマホゲームは多数存在します。

これらが起因となってボカロ曲が世間に認知されていき、YouTubeやニコニコ動画でも視聴されるようになったのですね。

そして認知されればされるほど視聴回数も上がるため、ミリオン達成曲が次々に現れました。

また、スマホを持っていない若年層の子供たちが、ゲームセンターにある音楽ゲームに列を作って並んでいる姿を目にした事はありませんか?

ゲームセンターにあるボカロ曲を採用したゲーム機は、今やたくさんあります。これらはその一部です。

  • 太鼓の達人(namco)
    幼児でも 楽しめる音ゲーでリズムに合わせて太鼓を叩くゲーム
  • 初音ミクProject DIVE Arcade(SEGA)
    ボカロ曲が中心で多くのボカロ曲を楽しむ事が出来る
  • チュウニズム(SEGA)
    ピアノのようなタッチパネルを大きく手を振ったりすごい動きをして遊ぶゲーム
  • オンゲキ(SEGA)
    レバーで操作して、キャラを動かす新感覚の音ゲー
  • beat mania llDX(KONAMI)
    元祖音ゲー 7つの鍵盤とターンテーブルを使うゲーム

ゲームセンターにある音ゲーでもボカロ曲は馴染み深いものなのです。

今後もゲームやソーシャルメディアで、ますますボカロは盛り上がっていくでしょう。

 

 

広告

ボカロでミリオン達成したニコニコ動画は伝説入りになる

ニコニコ動画で、100万回再生された楽曲は「VOCALOID伝説入り」というタグが贈られます。

なかでも、配信後数日で伝説入りしてしまった作品があります。

なんと配信から1週間たたずに殿堂入りした作品もあります。それは「砂の惑星/ハチ」です。

その他にも、1カ月たたずに殿堂入りした作品を集めてみました。

  1. 砂の惑星/ハチ
    6日5時間19分
  2. パメラ/flower
    17日16時間51分
  3. 乙女解剖/DECO*27
    20日2時間35分
  4. FREELY TOMORROW/Mitchie M
    20日6時間4分
  5. みくみくにしてあげる♪/ika
    25日20時間56分

 

ボカロとは人間ではなく音声合成技術のこと!

出だしでも触れましたが、そもそも…ボカロって何でしょうか!?

ボカロとは、YAMAHAが開発した音声合成技術でVOCALOID(ボーカロイド)の略称です。そう…人間ではないのです!!

有名なのは初音ミクですね!この初音ミクこそが「ボカロ」なんです!!

初音ミクといえば、アニメのような緑色の長い髪の毛の女の子が 映像の中で歌って踊っている、又はフィギュアとして売られている、そんなイメージですね。

初音ミクは自分好みにプロディース出来るアイドルとして、コンピューターですが、人の感情を動かすことの出来るそんな存在なんです!!

自分でプロディースできるなんて、男心をくすぐりますね!!人気になる理由がわかります!!

それに、人間には難しい音域だったり、速いテンポだったり、コンピューターだから歌える音楽という新しい発想が、きっとプロデューサーの可能性を伸ばしたのです!

今では、初音ミクだけではなく、「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」など、ボカロの枠も増えてきています。

  • 鏡音リン・レン
    鏡に写ったもう一人の異性という感覚のボーカル
    〈代表曲〉右肩の蝶/のりP、劣等上等/ギガP、エゴロック/すりぃ
  • 巡音ルカ
    声優『浅川 悠』さんが演じるクールでちょっぴりミステリアスなキャラクターボイスを元に作り上げられたボーカル
    〈代表曲〉唱慟イグジスタンス/書店太郎、それがあなたの幸せとしても/ヘヴンズ、トエト/トラボルタ
  • MEIKO
    日本最初のボカロ(2004年発売)少しパソコンの違和感が残るが、そこが魅力の1つ
    〈代表曲〉きみとぼくのゾナンス/悪ノP、悪食娘コンチータ/MEIKO
  • KAITO:クリアな歌声が魅力の男性ボーカル
    〈代表曲〉悪徳のジャッジメント/悪ノP、千年の独奏歌/yanagi P、しわくちゃ/傘村トータ

自分好みの声やキャラクターを探す楽しみが増えている事も人気の理由の1つですね!!

私は、ある程度有名な曲なら聞いた事がある。という程度でした。詳しく言えば、聞いた事はあるけど、誰が歌っていて、そもそもボカロっていうジャンルが何なのか。全く分かりませんでした。

しかし冒頭でもお伝えしたように、私の子供たちはボカロ曲を知っていました。

4歳の子供でも知っている曲を知らずにいた事がとても悔しくて…色々調べているうちに、私もボカロにどっぷりはまっていました。

今では子供達とカラオケ(自宅でカラオケ気分♪)する位に大好きです!!

 

米津元師やYOASOBIもボカロP出身だった!

 
 

人間じゃないのにミリオン達成!? どういう事!?

作詞・作曲をしてボカロを歌わせているのは、人間であるボカロPです。

きっと、名前を聞けばボカロを知らない方でも「あっ!! 知ってる!!」と、口にするでしょう。

あの有名な米津玄師さんや、YOASOBIさんも 実はボカロPなんです!!

米津玄師さんはシンガー・ソングライターで、アルバム「STRAY SHEEP」を2021年にソロアーティストでは史上初、ダブルミリオンを達成されました。

アルバムの中には『Lemon』『パプリカ』などが収録されています。パプリカは 『東京公認プログラム』東京オリンピックの応援歌として知られました。

どうですか!? 遠い存在だと思っていたボカロが身近な存在だったと感じませんか!?

『パプリカ』は“Foorin”という可愛い子供達がNHKで歌っておりました。

ですが、作った楽曲を直接 “音声合成技術”に取り入れる事で、コンピューターが歌う。という、ボカロ曲が誕生するのです!

YOASOBIさんも 2019年に発表された『夜にかける』は令和のミリオンシンガーで知られています。

こんなにすごいボカロPが手掛ける音楽ですから、ボカロがミリオンを達成する理由も繋がってきましたね。

  

 

まとめ

  • 2021年 ニコニコ動画の再生数が11作品もがミリオン再生され、8年ぶりの快挙をなしとげた
  • ボカロとはVOCALOID(ボーカロイド)の略称でコンピューターにより、音声発信している架空の存在である
  • ゲームやソーシャルメディアを通して子供~大人まで幅広い世代にボカロは愛され、魅了されている

迫力のあるミュージックビデオに目をくぎ付けにされるデザイン。

今後も沢山の曲がミリオン達成されていくでしょう!2022年も目が離せません!!

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました