無線ルーターはアルミホイルで有線LAN並みに電波を強くできる!!

お役立ち
広告

リモートワークという働き方が広まるなか、「家庭でWi-fiを使うために無線ルーターを購入した!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リモートワークのお供ともいえるルーターですが、無線のルーターは有線LANに比べて、電波が弱く不安定になってしまうことがあるようです。

私自身もリモートワークをしているのですが、電波が安定していないなかで仕事に集中するのは難しいなと感じています。

電波が不安定になりがちな無線のルーターですが、実は「アルミホイルの反射板」を使って有線LAN並みに電波を強くできるんです。

今回は、アルミホイルを使って無線ルーターの電波を有線LAN並みに強くする方法や、アルミホイルで解決が難しい場合の代替案をご紹介していきます。

広告

ルーターをアルミホイルで有線LAN並みに高速化!!

ルーターの電波を有線LAN並みに強くするには、「アルミホイルの反射板」が効果的です。

ではそもそもなぜ、「アルミホイルの反射板」でルーターの電波を強くすることができるのでしょうか。

「アルミホイルの反射板」で有線LAN並みにルーターの電波を高速化できる秘密は、アルミホイルの性質に隠されていました。

アルミホイルは、金属であるアルミを原料として作られています。そしてアルミなどの金属は、その表面で電波を反射させます。

そのため、「アルミホイルの反射板」をルーターの近くに置くことで、360°に飛んでいた電波が一定の方向に飛ぶようになります。

結果として、有線LAN並みの強い電波を利用できるのです。

広告

ルーターを高速化するアルミホイル製反射板の作り方

こちらでは、無線ルーターの電波を高速化できる「アルミホイル製反射板」の作り方をご紹介します!

用意するものは、アルミホイルと段ボールのみです。

作り方は簡単なのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

【アルミホイル製反射板の作り方】

  1. ルーターを囲うように角度をつけて、段ボールを2,3箇所折る
  2. 段ボールの内側全面にアルミホイルを貼る

このようにして「アルミホイル製反射板」を作り終えたら、ルーターの電波が強くなるよう「アルミホイル製反射板」の置く位置を調整しましょう。

ルーターの電波には波長が存在するため、電波をうまく反射させるには距離感の微調整を行うことが必要になるんです。

また、このアルミホイル製反射板は、ある程度大きく作ることでより効果が期待できます。

私自身、身近な材料を使って電波を強くできると知りとても心強く感じています。

以上、無線ルーターを高速化できる「アルミホイル製反射板」の作り方でした!!

広告

ルーターをアルミホイルで包んだ際の危険性を解説!!

ネット上では、「アルミホイルでルーターを包み、電波を強くできた」という記事も見受けられます。

”アルミホイルでルーターを包む”ことに効果はあるのでしょうか、また危険性はないのでしょうか。

結論、ルーターをアルミホイルで包んだり巻いたりした場合、ルーターが故障してしまったり発火してしまったりする危険性があります。

それは、ルーターが電化製品であるためです。電化製品は少なからず熱を発しており、アルミホイルで包むとその熱が外に放出されずにこもってしまうのです。

また、アルミホイルの原料アルミは電波を通さないという性質がありましたよね。

そのため、アルミホイルを巻くことによりルーターの電波が遮られてしまうということが起こります。

”アルミホイルでルーターを包む”ことは、ルーターの電波を強くする上でも逆効果といえます。

電波がより飛びづらくなってしまう上、故障や発火の原因になる危険性もあるため、アルミホイルでルーターを巻いたり包んだりしないようにしましょう。

ルーターの電波をアルミホイル以外で強くするには

アルミホイル以外でルーターの電波を強くするにはどのような方法があるのでしょうか?

”アルミホイルの反射板では、うまくルーターの電波を強くできなかった”という方に向け、ご紹介していきます!早速見ていきましょう!!

〈ルーターの設置場所を見直す〉

ルーターが電波を発しているように、電子レンジや固定電話などの電子機器・電化製品なども電波を発しています。

そのため、電子機器や電化製品の近くにルーターを置くと、ルーターの電波が不安定になってしまうことがあるのです。

それら電子機器や電化製品とルーターとの間に距離を置くことで、ルーターの電波を強くできる可能性があります。

手軽で費用も掛からないので、一度試してみてはいかがでしょうか。

〈ファームウェアをアップデートする〉

ファームウェアとは、電子機器を正常に機能させるためのソフトウェアのことです。

このファーウェアと呼ばれるものは、ルーターにも存在しています。

ファームウェアを常に最新のものに更新することで、ルーターで起きている不具合が修正されたり、性能が向上することがあります。

現在使っているルーターのファームウェアを一度確認してみてもよいかもしれませんね。

〈中継器を置く(購入する)〉

中継器は、ルーターから飛ぶ電波を受けとめ、離れた位置にあるパソコンなどの端末に電波を飛ばすことができます。

中継器を置くことでより広い範囲に電波を届けることができるのです。

「無線ルーター一台では、電波の届く範囲をカバーできない」
「離れた位置にあるパソコンやスマホ、それぞれに電波を届けたい」

という思いをお持ちの方は、「無線LAN中継器」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • ルーターの電波を有線LAN並みに強くするには、「アルミホイル製反射板」がおすすめ
  • 「アルミホイル製反射板」でルーターの電波を有線LAN並みに強くできる理由は、アルミホイルが電波を反射させる性質をもっているから
  • ルーターをアルミホイルで包むと電波が飛びづらくなってしまうほか、ルーターが故障・発火してしまう危険性がある!
  • ルーターの電波は、設置場所を見直すことや中継器を置くことで強くできる!

今回は、「アルミホイル製反射板」をはじめ、ルーターの電波を有線LAN並みに強くする方法をご紹介しました。

無線ルーターの電波を、安定して使うことができれば嬉しいですよね。

正しい知識を身につけて、日々の生活をより良くしていきましょう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました