アルミホイルが鍋で溶ける原因は調味料の塩分や酸に弱いから!!

お役立ち
広告

鍋の中に落し蓋を入れると、煮崩れを防ぎ味がよく浸み込みます。

私の実家で落し蓋の代わりにアルミホイルを使った時、気が付いたらいつの間にかアルミホイルに穴が開いていました。

その穴からアルミホイルの破片がボロボロと溶けていき、鍋の中にアルミホイルの破片が混ざりました。

料理の中に銀色の破片が混ざった状態で食卓に出てきたら、「破片は取るにしても食べて大丈夫なの?」と、箸が進みませんよね。

実は、アルミホイルに使われるアルミニウムは塩分や酸に弱いです。

アルミホイルがボロボロ溶ける原因は、料理に使う調味料の塩分や酸が鍋の中で触れることによるものだったのです!

今回は、アルミホイルが鍋の中で溶ける現象について、そしてアルミホイル以外で使える落し蓋代用品についても紹介します。

広告

アルミホイルが鍋で溶ける原因は塩分と酸だった!

鍋の中に入れたアルミホイルの落し蓋がボロボロと溶けてしまう原因は、煮込み料理などで使われる調味料に含まれる塩分と酸にあります。

このとき鍋の中で起きていた現象は、ズバリ「酸化腐食現象」です。一見難しく聞こえますが、“さび”のことです。

酸化腐食現象とはどのようなものか、解説しますね。

  • アルミホイルに水や塩分・酸・アルカリなどが長時間触れることにより起こる
  • アルミホイルが少しねばりつき始め、乳白色や茶褐色・黒色などに色が変わる
  • 次第にアルミホイル同士がくっつき、白い粉の状態に変化していく

アルミホイルの原料であるアルミニウムは、塩分や酸、水分などに弱いです。

料理の調味料に醤油や塩、酢を使うと、それらに含まれている塩分や酸によって落し蓋にアルミホイル溶けてしまうことがあるのです!

また、アルミニウムは水分にも弱いです。アルミホイルを湿気の多い場所で保管をしていると、酸化腐食現象が起きやすくなるのです。

耐熱温度が高く何かと便利なアルミホイルですが、落し蓋としてグツグツ煮込みすぎるとボロボロに溶けるという、意外な弱点もあったのですね。

 

アルミニウム成分は鍋の中なら溶けにくい

アルミホイルの耐熱温度は300℃以上で、それ以上の温度で加熱するとアルミニウムの成分が鍋の中に溶け出ます。

ただし、水が沸騰する温度は100℃です。普段料理をする中で300℃を超えることはなかなかないため、料理内にアルミニウムの成分が溶け出る心配はありません。

そもそもアルミホイルは、原料のアルミニウム金属を薄く伸ばして作られています。金属である以上、ある一定の温度を超えると溶けるのです。

「アルミニウム」が溶ける温度(融点)は約660℃です。そして、「アルミニウム」がアルミホイルに形を変えても、その耐熱温度は最低でも300℃です。

ちなみに、コンビニやスーパーに行ったら、アルミホイルでできた鍋に食材が入っている鍋セットをよく見かけますよね。

それらも水を入れて調理をしますよね。耐熱温度を超えなければアルミニウム成分が鍋の中に溶ける心配はないですね。

 

アルミホイルを食べてしまっても排出される

「溶けたアルミホイルに害はあるの?」と不安に思いますよね。

結論から言うと、健康な大人であれば、アルミホイルが少し溶けてしまったという場合では、健康への影響はないです。

なぜなら、体に入ったアルミニウムは、そのほとんどが吸収されずに体の外へ排出されるからです。

そのため、お年寄りや子供、腎臓が悪い人でなければ、健康に悪影響は与えないと言えます。

 

電子レンジ調理にアルミホイルを使うと危険!

アルミホイルと、塩分や酸を含む調味料の相性が良くないことが分かりましたよね。

最近では鍋やコンロを使った調理だけでなく、電子レンジを使った調理もありますよね。

アルミホイルと電子レンジはどちらも便利です。しかし電子レンジと一緒に使うと、電子レンジの電磁波によってアルミホイルから火花が飛び散り、とても危険です!

電子レンジはマイクロ波という電磁波を出して、食品に含まれている水分を激しく振動させ、熱を発生させています。

アルミホイルなどの金属表面に存在している電子が、電子レンジの電磁波を浴びることで活発に動き回るようになります。

その結果、金属表面の電子が激しく動き回り、アルミホイルのシワや尖った部分から飛び出し(放電して)火花が出ることがあるのです。

電子レンジの故障や火災の原因になってしまう恐れもあります。アルミホイルを電子レンジで加熱しないようにしましょう!

 

 

広告

アルミホイルを鍋で安全に使うなら手早く調理すること

アルミホイルは確かに弱点がたくさんあります。しかし、使い方を間違えなければ「鍋の中でボロボロに溶けた」という心配もなく、安全に調理ができます。

ポイントは、短時間で手早くアルミホイルを使うことです。

特に鍋の中に投入する落し蓋としてよく使いますが、煮物料理の工程を間違えなければ、短時間の落し蓋で味がしみ込みやすくなります。

では、そもそも煮物料理はどのように作るのか、ざっくり解説します。今回は煮魚を例にします。

  1. 鍋に魚を敷き、水と日本酒を入れて火にかける
  2. 煮汁が沸騰して魚の水分が抜けたら、調味料を加える
  3. 落し蓋をする

先に食材の水分を抜いて、そのあとに調味料を入れることで早く味が染み込みます。

よくレシピでは「最初に調味料と食材を入れて、じっくり煮る」と書かれていますが、この方法を使うなら落し蓋にアルミホイルは使わないほうがいいですね。

あくまで「アルミホイルの落し蓋がボロボロに溶けないための、安全な調理方法」として参考にしてみてください。

 

おにぎり包み、オーブンやグリル調理にも使える!

使い方を誤ると危険なアルミホイルですが、特性を理解できれば便利な側面もたくさん持っています。早速、ご紹介していきます!

まず、おにぎりをアルミホイルで包む方法です。アルミホイルで包むことによって、おにぎりとアルミホイルとの間に隙間ができます。

そのため時間が経っても蒸れにくく、おにぎりを美味しく保つことができるのです!

あなたもお弁当などで、すでに実践しているかもしれませんね。

そして、グリル調理もおすすめです。アルミホイルは「熱が伝わりやすい」という特性を持っています。その熱伝導率は、なんと鉄のおよそ3倍です!

そのため、アルミホイルを使って調理をすると食べ物がカリッと仕上がります。

また、アルミホイルを使うことでグリルを洗う手間も省け、一石二鳥と言えますね!

オーブンの温度は最高でも250℃の製品が多いです。アルミホイルの耐熱温度にも耐えられるため、問題なく使えます!

身近な存在のアルミホイル、安全・安心に活用する方法も様々あったのですね。

 

 

広告

鍋で落し蓋を使いたい!アルミホイルの代用品は?

「鍋料理に、アルミホイルの落し蓋を使うのは少し不安…」という方に向け、代用品になるものをリストアップしました!

  • キッチンペーパー
  • クッキングシート

まず、キッチンペーパーの特徴は水分を含んで重くなるため、穴を開けなくても具材に密着します。

値段は高くなりますが、少し厚手のものを使うことでより水分を含んで重しの代わりになります。

また、煮魚や角煮など、ちょっと脂が気になるような煮物を作る際にも、キッチンペーパーを使えば余分な油を吸い取ってくれます!

そしてクッキングシートは、キッチンペーパーのように水分を含んで密着しないため、落し蓋として使うなら空気穴を開けておくと効果的です!

さらに、意外ですがお皿も立派な代用品です。軽い平皿を選ぶことで適度な重さとなり、具材がつぶれることなく調理できます。

取っ手がついていないため、鍋から取り出す際にはやけどに注意しましょう!

 

本来の落し蓋には断熱性などの特性もある!

代用品もいいのですが、あなたがよく煮物料理をするなら、いっそのこと落し蓋を購入しましょう!

昔ながらの落し蓋は木製・金属製ですが、最近はかわいい落し蓋もありますよ!

まずは木製の落し蓋はどんなものか、特徴をまとめます。

  • 木の断熱性が鍋内の温度をほどよく保つ
  • 料理のにおいがつきやすいが、すぐに洗えば問題ない

次に、金属製の落し蓋はどのようなものか見ていきましょう。

  • サイズの調整が可能
  • 洗いやすく料理のにおいがつきにくい
  • お手入れがかんたん

最後に、シリコン製の落し蓋ですね。その中でも、2002年にグッドデザインを受賞した「ブタの落としぶた」を紹介しましょう。

  • 熱に強く、耐水性・耐久性に優れている
  • 食材の形に合わせてフィットするため、熱を逃すことなく調理ができる
  • 鍋が沸騰すると、鼻から湯気が出る

沸騰すると鼻から湯気が出るなんて、なんともユーモラスですね!

 

 

まとめ

  • アルミホイルが溶ける原因は、アルミニウムが塩分や酸と反応したことによる「酸化腐食現象(さび)」である
  • 料理をする時に塩分や酸を含む、醤油や塩、酢などの調味料を使うとアルミホイルが溶けることがある!
  • アルミホイルの耐熱温度は300℃くらいで、通常の鍋料理ならアルミニウム成分が溶ける心配はない
  • アルミホイルが少量溶けた料理をたべたとしても、健康な大人であれば体への悪影響はない
  • アルミホイルを使って煮物料理をするなら、アルミホイルを短時間で手早く使う
  • 調味料を入れる前に、先に食材を煮て水分を抜いておくと、短時間の落し蓋ですむため味がしみ込みやすくする
  • アルミホイルの落し蓋の代わりになるものは、種類豊富にある

皆さんの参考になれば幸いです。正しい知識を身につけて、安心安全な料理を作っていきましょう!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました